マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > コタキナバルへのアクセス > 飛行機内でiPad

iPadで退屈な飛行機内を楽しむ方法!映画、ゲーム、音楽など

退屈な機内をiPadで楽しみましょう!タブレットPCの活用法です。iTunesで映画をレンタルしておけば、LCCエアアジアだってマレーシア航空並みに快適に!工夫次第で空の旅はずっと楽しくなるのです。

iPadで退屈な飛行機内を楽しむ方法!映画、ゲーム、音楽など

格安航空会社の飛行機は本当に退屈!

以前コタキナバルへはマレーシア航空を使っていましたが、燃油サーチャージが別途請求されるので使わなくなりました。コタキナバルから東京への直行便がなくなり、クアラルンプール経由だと往復で3万円余分にかかります。今はフィリピン経由やクアラルンプール経由で、格安航空会社を使っています。エアアジアやジェットスターなどのLCCです。

料金が安い分、機内のサービスはありません。マレーシア航空がどんなに快適だったか思い出します...しかし、コタキナバルへ行くことは私の宿命(!?)なので、なんとかつまらない飛行機内を快適に過ごそうと、iPadを使ってみることにしました。タブレット端末のことです。


iPadをヤマダ電機で49,800円

ヤマダ電機でiPadを49,800円で購入
ヤマダ電機でiPadを49,800円で購入

iPadの何がすごいか?

今は多くの人がスマートフォンを利用しているので、タッチパネルすごさが当たり前のようになっていますが、一昔前まではキーボードで文字を打ち込むことが普通でした。私の父親はパソコンをやりたくて教室にも通いましたが、キーボードが打てずにあきらめました。若い人でもキーボードを打つことは苦痛でしょう。

そこで登場したのがタッチパネル。しかも「あいうえお」で打てます。指でタップしたりスライドさせたり、直感的に右脳でコントロールする感じです。しかも操作が簡単!写真撮影やビデオ撮影ができ、スケジュール管理ができて手帳のように持ち歩けます。仕事でパソコンを使うのでなければ、iPadで十分だと断言できます★iPadミニは軽くて扱いやすいです。


iTunesで映画をレンタル

iTunesで映画を選びます
iTunesで映画を選びます
大好きな「プラダを着た悪魔」をレンタル
大好きな「プラダを着た悪魔」をレンタル

iTunesに登録

iTunesは初めからiPadに入っているアプリケーションです。そこでアカウント「Apple ID」を登録し、「お支払い情報」を入力すれば設定完了です。銀行振込、コンビニ払い、iTunesCard(カードは電気屋などで売っています)を買って払うことできますが、クレジットカードは海外旅行の必需品です。持っていない人はこれを機に手続きしましょう!


iTunesには色んなサービスが

iTunesを開くと、「ミュージック」、「映画」、「オーディオブック」があります。この中から自分の好きな音楽や映画をダウンロードしたりします。


さっそくお目当ての映画を!

映画のタブをクリックすると、ジャンル別に分けられていて非常に見やすいです。その中から自分の見たい映画を探すということです。簡単でしょ?見たい映画をクリックすると料金が現れ、「購入とレンタル」と「HD(高画質)とSD」で料金が違います。購入は800~2500円、レンタルは300~500円。ツタヤでレンタルするより高いですが、「退屈な飛行機内を快適に過ごす」というのが目的だということをお忘れなく。「ビデオ」のタブをタップすると、その中にレンタルした映画が入っています。SDでも画像はすごくきれいでした。


今回レンタルしたのは3本!

何度見ても飽きない「プラダを着た悪魔【300円】」、友人にすすめられた「ライフオブパイ(トラと漂流した227日)【400円】」、正義とは何かを考えさせられる「ダークナイト【300円】」の3本です。すべてレンタルでSDモード。サイズも1.5GBぐらいなので軽いです。レンタルした映画は30日以内に再生すれば、再生後48時間は何度でも視聴できます。つまりすべて一度に見終わらなくても大丈夫だということです。


飛行機内での設定

iPadのトップページ
灰色の歯車のある「設定」タップ
一番上の「機内モード」をオンに
一番上の「機内モード」をオンに

飛行機に乗ると「電気系統に影響を与えるため、電子機器の電源をお切りください」とアナウンスされます。都市伝説か分かりませんが、携帯電話の電源を切らずに飛行機の運航に影響を及ぼしたとして、損害賠償を請求されたという話を聞いたことがあります。

離着陸の際はもちろん電源を切ってください。そしてiPadには「機内モード」というものがあり、飛行中はオンにしておきましょう。設定のタブをタップし一番上にある「機内モード」です。お忘れなく!また、飛行機内ではインターネットには接続できません。


バッテリーは持つのか?

飛行機内でiPadを楽しむ子供たち
たくさんの人がiPadで楽しんでいます。人の迷惑になるのでイヤホンをしましょう!

羽田からクアラルンプールまで7時間半、空港で2時間半の待ち時間、そしてコタキナバルへは2時間半のフライトです。ここで問題なのが、バッテリーが持つのか?ということです。Appleのホームページによると、「Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生:最大10時間」とされています。私の場合は夜中のフライトで、結局映画は1本だけ、空港内ではインターネットでFacebookやブログを見ていたので、バッテリーに関しては全く問題ありませんでした。

空港内で充電している人を見かけますが、恥ずかしいのでやったことはありません。iPadは現地対応のプラグさえあれば、変圧器はいりません。マレーシアのプラグの形状は、3つ又のBFタイプです。プラグというのは簡単な作りなので、もう10年以上使っていますが壊れません。世界対応セットになっているプラグも売っています。


音楽を楽しむ

飛行機内でiPadでゲームを楽しむ
ゲームを楽しんでいる人もいます。暇つぶしにはもってこいです!

iTunes Storeから曲・音楽を購入する

「iTunes」アプリを起動し、「iTunes Store」にアクセスします。ミュージックのタブを選択すると、分かりやすくジャンル別になっているので、好きな曲を探します。配信されている曲・音楽は90秒間試聴することが可能で、聞きたい曲名をタップすると曲が始まります。アルバム単位や1曲単位で購入できるのが特徴です。購入した曲は、「ミュージック」ライブラリに追加されます。


CDから曲・音楽を取り込む

自分の持っているCDやツタヤでレンタルしたCDをiPadに入れる場合は、一度パソコンに取り込んでからiPadへ同期する必要があります。パソコンにiTunesがインストールされていない人は、無料なのでインストールしてください。CDをパソコンへ入れると、自動でインポートが始まります。インポートが終わったら、iPadとパソコンを付属のケーブルでつなげば曲を転送することができます。「ミュージック」アプリをタップすると、iTunesから転送した曲が追加されています。


iPadさえあれば怖いものナシ!

いかがでしたか?iPhoneなどのスマートフォンでもいいのですが、映画を見るには画面が小さすぎます。マレーシア国内でもホテル内や町のスターバックスなどの店ではWi-Fi環境が整っているので、iPadでインターネットを楽しむことができます。小さいホテルでしたら、従業員にパスワードを教えてもらいましょう!

マレーシア航空ですと、前の座席の後ろに小さなテレビが備え付けられているので、映画音楽ゲームを無料で楽しむことができました。今思えばなんと贅沢だったことでしょう!しかしiPadさえあれば、優雅な空の旅を満喫できるのです。快適キット(枕と毛布とアイマスク)を用意し、機内食も安いのでケチらず食べれば、LCCだってマレーシア航空並みに快適になります。皆さんも自分で工夫して、空の旅を楽しみましょう!


関連ページ

更新:2015年09月28日|公開:2013年07月05日|カテゴリ:コタキナバル

現在位置:ホーム > コタキナバルへのアクセス > 飛行機内でiPad


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る