マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > コタキナバルへのアクセス > エアアジアで羽田空港

エアアジアでコタキナバルから羽田空港へ帰国|機内の過ごし方も

格安航空会社エアアジアで、コタキナバルからクアラルンプール経由で羽田空港へ帰国しました。機内での、快適な過ごし方も紹介しています。

エアアジアでコタキナバルから羽田空港へ帰国|機内の過ごし方も

LCCエアアジアを使っての帰国

日本へ帰国すべく、コタキナバル第2国際空港からクアラルンプールを経由して、東京羽田空港まで帰国した様子を紹介します。最近はフィリピン経由で帰国していたことが多かったので、LCC(格安航空)エアアジアを使っての帰国は初めてです。どんな冒険が待っているのでしょうか?


チケットはインターネットで購入

空港券はもちろん、インターネットで購入しました。クレジットカードがあれば簡単に購入できるので、旅行会社に頼まず自力で試してみましょう。とは言っても、LCCはほとんどがインターネットのみの販売です。すぐにコタキナバルへ戻る予定なので、コタキナバル往復のチケットを購入、総額約53,000円。安い!席を指定すると料金がかかるので、クアラルンプールから羽田のみ購入RM35。バッグは重さによって料金は異なりますが、帰国は15kg、復路はお土産のことを考え20kg。インターネットで事前に食事を予約しておくと割引になるので、クアラルンプールから羽田のみ購入。復路の羽田からクアラルンプールまでは深夜便なので購入せず。


いざ!日本へ向け出発!

エアアジアのスチュワーデス
エアアジアの客室乗務員です。かわいい人ですね♥

コタキナバル空港までは市内から15分

コタキナバルのカラムンシン近くにある友人のアパートから、コタキナバル第2国際空港までは、車で15分、朝の空いている時間帯だったのであっという間に到着。コタキナバル市内からなら、どこからでも20分ぐらいで行ってしまいます。コタキナバル発はAM9:30ですが、基本なので2時間前までは到着するように家を出ました。すんなりチェックインを済ませ、後はひたすら時間が来るのを待つのみ。私はパソコンを持っていたので、無料のWifiに接続し、ネットサーフィンをして時間をつぶしました。スマートフォンやipadなどがあると素敵な時間を過ごせますね★


機内にミネラルウォーターを持ち込めた

定刻の9:30に出発、空港内で買ったミネラルウォーターを持ち込んだので、機内では何も買いませんでした。クアラルンプールまでは2時間半。運良く並びの3席が空いていたので、横になってくつろいでいました。離陸後は席を移動しても構わないので、横になれるよう場所を確保するのが、機内を最も快適に過ごすコツです!アイマスクと枕はかなり使えます。100ショップでも売っているのでぜひ用意しましょう。


クアラルンプールのLCC専用ターミナルは複雑!?

クアラルンプール格安航空専用空港
格安航空専用空港のターミナルは広く、表示が不親切で分かりにくかった...

ここはしっかり読もう!

クアラルンプールのLCCTに到着後、いったん外へ出てまたチェックインする形になります。ここがすごく分かりにくいのですが、コタキナバル空港で羽田までのチケットを出してくれる(2枚です)ので、クアラルンプールではチェックインカウンターへ行かずに、そのまま出入国管理の場所へ行きます。ここで絶対忘れては行けないのが、コタキナバル空港で「羽田空港まで荷物は出ないようにしてください!」と念を押すことです。職員もプロなので分かっていると思いますが、念のため...


フードコートでお昼ご飯

2時間半のフライトで定刻の12:00に到着。クアラルンプールの空港へ着いたら、荷物を待たず(羽田まで出ないので)に外へ出ました。ちょっと探検してみようと思い、フードコートの看板を見つけてその方向へ。ちょうどお昼だったので、そこで昼食をとりました。その後空港へ戻ってみると、空港内にもたくさんのレストランが!わざわざフードコートまで行くことはなかった...


人がいっぱいなので盗難に注意!

チェックインカウンターへ行かず、直接入国管理の場所へ行けばいいのですが、勝手が分からずあっちこっち歩き回ってしまいました。案内が不親切なので迷ってしまうかもしれませんが、時間にゆとりを持って行動すれば大丈夫です。だだっ広い空港で人がいっぱい、以前行ったインドネシアのメダン空港を思い出しました。変な客引きはいませんでしたが、盗難などには十分注意しましょう。


出発ロビーはかなり充実!

LCCの空港とはいえ、さすが国際線ロビー!国内線ロビーとは全く違く、充実したショッピングフロアがあり、きれいに清掃されていてホッとしました。ぶらぶらと歩き回り、お土産屋さん入りましたがあまりいい物は売っていません。私は根っからのボルネオ好きなのでひいきかもしれませんが、半島マレーシアにはこれと言って自慢できる民芸品がないのかもしれません。ボルネオにはオランウータンやテングザルのぬいぐるみや小物、サバ州の民芸工芸品がたくさん売っています。お土産でしたらボルネオ島サバ州の圧勝ですね★出発までのPM2:30まで、パソコンを開いてネットサーフィンをしていました。


機内での快適な過ごし方伝授!

ストレッチをこまめにしましょう

定刻のPM2:30に出発。羽田までは7時間半のフライトなので、通路側の席を事前に購入し、何度もトイレに行くようにして「エコノミー症候群対策」をいつもしています。トイレでストレッチをしたり軽い運動をしましょう!席に座っていてもできるのですが、恥ずかしいので...


ケチらず機内食を食べましょう!

エアアジアの機内食
エアアジアの機内食です。値段も安くおいしいですよ!

そして、お待ちかねの機内食!インターネットで事前に購入していたので、機内で買うよりも割引でした。普通の食事がRM15、事前購入はRM13でしかも350mlのミネラルウォーター付き。500mlのミネラルウォーターはRM4でした。値段は高くないので、つまらない機内を少しでも楽しく過ごすためには、ケチらずに機内食を楽しみましょう。食事の量はちょうど良く、味もおいしかったですよ!


快適キットを利用しましょう!

エアアジアの快適キット
エアアジアの快適キット

機内には「快適キット」なるものが売っています。枕と毛布とアイマスクがセットになったものです。値段はRM35、初めて知ったのですが「毛布だけRM8でレンタル」していました。機内はかなり寒いので長袖長ズボンはもちろん、毛布もあると快適に過ごせます。私もアイマスクと枕を持ってきましたが、これは飛行機内でしか使わないので、旅行中は邪魔になってしまいます。さすがに毛布も自分で用意して、旅行中持ち歩くなんてしたくないですよね?これはかなり耳寄りな情報だと思います★


格安航空は夜遅く到着する便が多い

定刻通りPM10:30に東京国際空港羽田に到着。時間が遅く帰りのバスが無くなってしまうのが心配で、急いで入国審査、荷物の受け取り、税関でチェックを受けて無事日本へ帰国しました。大宮までのバスはPM11:10、ギリギリセーフ!大宮駅に着いてから最終の埼京線で帰ることができました。


エアアジアでも快適に過ごすことができます

いかがでしたか?以上がコタキナバルからクアラルンプール経由で羽田空港まで帰国した様子です。LCCのエアアジアを使ってのフライトでしたが、マレーシア航空と比べて快適さは格段に違います。しかし、機内食を食べたり、パソコンやipadなどを持ち込んで映画鑑賞なんてすれば、工夫次第でいくらでも楽しむことができます。ぜひ参考にしてみてください。


関連ページ

更新:2015年09月28日|公開:2013年06月08日|カテゴリ:コタキナバル

現在位置:ホーム > コタキナバルへのアクセス > エアアジアで羽田空港


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る