マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > ボルネオ島サバ州 > 動物 > メガネザル

メガネザルはおばけ猿!?大きな目が暗闇から見えると恐ろしい!

マレーシアのボルネオ島サバ州に生息する、ニシメガネザルを紹介します。大きな目が特徴でマレーシアでは「おばけ猿」と呼ばれています。かわいい写真いっぱいです!

メガネザルはおばけ猿!?大きな目が暗闇から見えると恐ろしい!

※上の写真はボルネオのニシメガネザル。暗闇からこんな姿で現れたらこわっ!


現地の人は「オバケ猿」と呼んでいます

現地の人にメガネザルの名前を聞くと「クラハントゥ」と呼びます。マレー語で「おばけ猿」の意味で、インドネシア人は「ビナタンハントゥ」(おばけ動物)と呼んでいます。これは夜行性で、特に大きな眼が異様な印象を与えるからです。また「寄せ集め」と呼ばれるメガネザルの体ですが、これは体はサル、目はフクロウ、尾はネズミ、足はカエルだという意味で特徴を良くあらわしています。


メガネザルってどんな猿の仲間?

ボルネオのニシメガネザル
メガネザルの仲間は3種類います。ボルネオはニシメガネザルが生息しています。

区別がしにくい猿

霊長類は原猿類、真猿類、メガネザル類という3つに大きく分かれています。原猿類とは原始的な猿の仲間で、ロリス類やキツネザル類、アイアイが含まれます。真猿類とはヒトに近い霊長類で、オランウータンやゴリラ、チンパンジーが含まれます。そしてそのどちらにも含まれないのがメガネザルで、メガネザルは両方の特徴を合わせもつので、どちらに近いか分からないためメガネザル類という種類に分けられています。


ボルネオに生息するのは「ニシメガネザル」

メガネザルの仲間は3種類いて、フィリピンメガネザル、スラウェシメガネザル、ニシメガネザルです。フィリピンメガネザルはミンダナオ、ボホル、レイテ、サマルなどフィリピン南部の島々に分布し、スラウェシメガネザルはスラウェシと、その属島に分布しています。ニシメガネザルはボルネオとスマトラと隣接した島々に分布していて、ボルネオ島では低地林の多くと、北サラワクのクラビット高原にある標高900mの山地に生息しています。


メガネザルの特徴

小さいネズミぐらいの大きさ

小さくてかわいいニシメガネザル
小さくてかわいいメガネザル
一生を木の上で生活するニシメガネザル
一生を木の上で生活します

とてもユニークな特徴をたくさん持っています。大きさは10~20cmほどで、重さは100g程度です。小さいネズミほどの大きさです。尾は長く20cmあり、ネズミに似ていて皮膚が露出していますが、先端近くにわずかな毛があります。まるでミミズのようです。

体は薄い褐色で毛は細く柔らかく、1本1本は直毛ではなく波打つようになっていて全体に密生しています。手の上に載せるとふんわりとした感触がします。丸顔で、耳は顔の割には大きく、動かすことができます。


眼鏡のような大きな目が特徴!

大きな目が特徴のニシメガネザル
大きな目がクリクリしてかわいい
眠っているニシメガネザル
眠っていても木から落ちません

フクロウのように極端に大きな目をもっています。目は動きませんが、その代わりフクロウのように頭を180度回転させることができます。また、眼はライトを当てても反射しません。夜行性なので夜メガネザルを探しに森へ入り、運良く会うことができた時は、この目に誰もが驚きます。


「寄せ集め」と呼ばれるゆえんは?

それぞれの指は細長く、先端の肉球は柔らかくカエルの吸盤のように丸くなっています。すべての指に柔らかで平らな爪がありますが、後ろ足の指の何本かはかぎ爪になっています。体はサル、目はフクロウ、尾はネズミ、足はカエルだという意味で、サバ州各地では「寄せ集め動物」とも呼ばれているのです。


どんな生活をしているの?

ボルネオのニシメガネザル
昆虫が大好物でバリバリ音を立てて食べます。地7mぐらいの場所で生活しています

木の上で一生を過ごす夜行性の猿

樹上生活で夜行性です。日中は茂った葉に隠れるようにして、垂直に伸びた木の幹につかまって眠っていますが、まれに木の穴を利用することもあります。移動は体を垂直に保ったまま跳ねとび、別の枝にしがみつくので、アオガエルなど樹上に住むカエルに似ています。音も立てずにピョンピョンと飛び跳ねる姿はかわいいです。


好きな食べ物

食べものは、昆虫を中心にガ・シロアリ・コオロギ・ゴキブリを食べていて、ヤモリやトガゲも食べるようです。甲虫などの殻がある昆虫を、羽を残して「バリバリ」とむさぼり食べてしまいます。


メガネザルの好む場所

低地のフタバガキ林から古い二次林、植栽したアカシア灌木林、マングローブなどさまざまな環境に住みます。しかし、いずれの植生でも細くて若い木の多い下層部を好み、地表から7mくらいまでの高さで活動しています。


サバ州での分布

クローカー山脈、ダヌンバレー、ポーリン、セピロック、スカウ、タビン、タワウヒル、キナバル山などに分布。


関連ページ

更新:2015年09月26日|公開:2009年10月19日|カテゴリ:動物

現在位置:ホーム > ボルネオ島サバ州 > 動物 > メガネザル



ブログの新着記事

ページ上部へ戻る