マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > ボルネオ島サバ州 > 雨期と乾期がある

ボルネオの気候には「雨期」と「乾期」がある

ボルネオの気候は雨期と乾期があり、日本の夏よりもずっと過ごしやすいです☆

雨期でも雨は一日中降らない

マレーシアの気候は、雨期と乾期がある

ボルネオ島サバ州は、高地を除き熱帯雨林気候で、年間の平均気温は25℃~30℃です。

4月~9月の乾期は比較的雨が少なく、10月~3月の雨期はモンスーン(季節風)の影響で比較的雨が多いです。しかし、一日中雨が降り続くことはまれで、日本でイメージしていたよりもずっと違うと思います。


日本の夏よりずっと過ごしやすい☆

マレーシアの気候は、雨期と乾期がある

日本にいる時にマレーシアの話をすると、必ず「マレーシアは暑いんでしょ?」と聞かれます。いつも返答に困ってしまいます...

確かに日中外を出歩くと暑いです。ただボルネオ島サバ州は、このサイトの名前にもある通り「風の下の国」で、風がよく吹きます。無風ということはあまりありません。

朝晩はコタキナバル市内でもエアコンがなくても過ごせます。昼間もじっとしていれば、家の中でも扇風機だけで過ごせますので、日本の夏よりも生活しやすいです。


台風はやってこない!

マレーシアの気候は、雨期と乾期がある

ボルネオ島サバ州には、台風はやってきません。

フィリピンの北部までしか台風は来ないので、フィリピン南部のミンダナオ島にも台風はやってきません。


1年で1番暑いのは、7月と8月

マレーシアの気候は、雨期と乾期がある

マレーシアは日本と同じ北半球に位置するので、やはり日本の夏と同じ時期が1番暑いです!

私の実体験として、1年を通して過ごしたことがないので分かりませんが、1年中似たような気候です。

日本のように35℃を超える日もあるのでしょうが、日本のように汗がだらだら流れるようなことはありません。熱帯夜になる日もないと思います。


1年で1番寒いのは、正月前後

マレーシアの気候は、雨期と乾期がある

寒い時期もやはり日本と同じ、正月前後だと思います。仕事の都合上、長期の休みが正月しか取れないので、年末年始にマレーシアへ訪れていましたが、寒かったです...

雨期に当たるこの時期は、一日中雨が降り続くことはありませんが、曇りがちで太陽が出てカッと晴れる日はあまりありません。いつもどんよりしていて、半袖だけでは肌寒いです。

地元の人も風邪をひいている人が多いです。厚手の長袖を用意して、一枚余分に着込んだ方がいいです。靴下をはいて、サンダルなどの素足にならず、靴を履いた方が温かいです。


ラナウやクンダサンなどの高地は涼しい☆

マレーシアの気候は、雨期と乾期がある

私の大好きな町「ラナウ」や野菜の大産地「クンダサン」は、標高が高い場所にあるので、コタキナバルよりも涼しいです。朝晩は寒いぐらいで、特にクンダサンは10℃ぐらいまで下がることもあります。しかし日中は日が強くて暑いので、薄手の長袖ぐらいで十分です。

また、ラナウやクンダサンは「キナバル山」の影響もあって、雨が降ることが多く、夕方は突然のスコールに気をつけましょう。特にクンダサンでは、日が拝めるのは午前中だけという日もあります。


関連ページ

更新:2015年09月29日|公開:2012年08月26日|カテゴリ:サバ州

現在位置:ホーム > ボルネオ島サバ州 > 雨期と乾期がある


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る