マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > ボルネオ島サバ州 > 宗教 > イスラム教の偶像崇拝禁止

偶像崇拝禁止とは?イスラム教の装飾はシンプル

イスラム教には、日本人には奇習としか見えない変わった生活習慣が幾つかあります。偶像崇拝禁止は砂漠の風土とは関係ない、イスラム教独自の習慣のようです。

偶像崇拝禁止について

モスクの内装はシンプル

イスラム教寺院(アラビア語やマレーシア・インドネシア語でマスジッド Masjid英語でモスク Mosque)に入ると、内部の装飾が全くなくてすっきりしている。装飾と言えるものは、唐草模様のようにして天井や壁などに書かれてある、アラビア文字くらいなものだ。これは偶像ではないから認められている。


キリスト教会はにぎやかな内装

この清浄さは、十字架やイエスの磔像や、イエスやマリアや使徒や聖者を象った絵画や彫刻がゴテゴテと並べられているカトリック教会のそれとの対照において、その違いは明瞭である。これは、周知のように偶像崇拝禁止という教義によるものだが、実を言うと、カトリックの聖典の一つである旧約聖書の「出エジプト記」に出てくる有名な「モーゼの十戒」でも偶像崇拝は禁止されているのに、その後教義を拡大解釈してきた結果、あんなにゴテゴテしてきたのだ。


偶像崇拝が生まれた理由は?

偶像崇拝の教えが出てきた背景については、イスラム教が厳しい砂漠の風土を反映して生まれたことから、それより温和な気候条件の土地で発展したカトリックや、もっと湿潤な自然条件で発展した仏教などに見られる過度とも言える装飾性を比較する見方がある。つまり、乾いた風土で培われた厳しい遊牧民的気性が、唯一の神への崇拝しか認めない一神教の厳しい教義とマッチして、偶像崇拝の禁止も徹底されたと考えるわけだ。


イスラム教独特の性格

筆者には異論がある。モハンマドが西暦630年にメッカを占領して入城した時、彼がやった最初の仕事とは、後にメッカ巡礼の目的地となるカアバ神殿に建てられていたバアル神などの石像を一つ一つ叩き壊すことだった。これらの神々は、イスラム教が興る数千年前から信仰され、偶像にして崇められていたものだから、砂漠の風土と偶像崇拝禁止の相関関係は直接には認められない。やはり、イスラム教独自の性格によるものと言えそうだ。


著者:三好良一


関連ページ

更新:2015年09月28日|公開:2009年11月02日|カテゴリ:宗教

現在位置:ホーム > ボルネオ島サバ州 > 宗教 > イスラム教の偶像崇拝禁止



ブログの新着記事

ページ上部へ戻る