マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > ブログ > コタキナバル市立モスク

コタキナバル市立モスク|水に浮かぶ美しい姿にうっとり...

コタキナバル中心地から車で10分、「コタキナバル市立モスク|Kota Kinabalu City Mosque」は水に浮かぶ大変美しいモスクです。外観の美しさはサバ州NO.1!マレーシア国内でも1,2を争う美しさです。観光客もマナーを守れば見学できます。

コタキナバル市立モスク|水に浮かぶ美しい姿にうっとり...

モスクへの行き方

コタキナバル中心地から車で10分、海を見て右方面へ走るとリカス湾の右側に見えてきます。歩いて行くには遠いので、観光客はタクシーの利用をおすすめします。1時間も見学すれば十分なので、乗ってきたタクシーを待たせておいてそれに乗って帰りましょう。値段は交渉次第ですが往復でRM40はかかると思います。

コタキナバル市立モスクの見学

  • 入場は無料
  • 見学時間:AM8:00~AM10:00とPM2:00~PM3:30(金曜日)
  • 見学時間:AM8:00~PM12:00とPM2:00~PM3:30(金曜日以外)

Kota Kinabalu City Mosqueの地図

きれいに撮影できた写真!

コタキナバル市立モスク|水に浮かぶ美しい姿にうっとり...
ヤシの木を入れたコタキナバル市立モスク
コタキナバル市立モスク|水に浮かぶ美しい姿にうっとり...
近づいて撮影したコタキナバル市立モスク
コタキナバル市立モスク|水に浮かぶ美しい姿にうっとり...
裏側から撮影したコタキナバル市立モスク

青空をバックにきれいに撮影できた写真を紹介します。ちょうど良く白い雲が少し入り、真っ青な空が白いモスクを引き立たせています。モスクに近づいて眺めるとその大きさに圧倒され、思わず口を開けてそびえる塔を見入ってしまいます★(よだれが垂れてたかな?)


コタキナバル市立モスクについて

ニックネームは「The Floating Mosque(漂うモスク)」。英語で「Kota Kinabalu City Mosque」、マレー語で「Masjid Bandaraya Kota Kinabalu」となります。サバ州立モスクに続く2番目のメインモスクとして、2002年2月2日に正式にオープンしました。建設費用は3400万マレーシアリンギット、日本円で約10億円!収容人数は最大で12000人も!

イスラム教発祥の地サウジアラビアのメディナ|Medinaにある「ナバウィモスク|Nabawi Mosque」を参考にして作られました。4本のミナレット|Minaretに大小2つのドームを見ることができます。「私立」ではなく「市立」ですよ!


見学時のマナーについて

コタキナバル市立モスク|水に浮かぶ美しい姿にうっとり...
モスクを見学する際の服装のマナー

一番大事なことは「イスラム教徒の礼拝所」ということで、決して観光地ではありません。毎週金曜日には集団礼拝があり、多くのムスリムが一斉にお祈りを捧げます。そんなムスリムたちにとって神聖な場所なので、マナーを守って見学するようにしてください。

注意して欲しいのが服装。男性は長ズボン着用で、女性はスカーフを頭からかぶり肌を露出させないようにしてください。裸足でも構いません。モスク内では静かに見学し、大きな礼拝堂がある場所はムスリム以外は入ってはいけません。

注意して欲しいマナー

  • 男性は長ズボン着用
  • 女性はスカーフをかぶり、肌を露出させないように
  • 入り口で靴を脱ぐこと
  • モスク内は見学できますが、メインホールの礼拝所には入れません
  • 食べ物や飲み物の持ち込み禁止
  • 騒がないで静かに見学すること
  • お祈りしている人の邪魔をしない

服をレンタルできる RM3

「市立モスクにせっかく来たのに、半袖半ズボンのラフな格好で来てしまった!」なんて失敗しても大丈夫!モスクの手前にある小さな売店で、服(ガウン、スカーフ)を貸し出してくれます。レンタル料は1着RM3。男性用も女性用もそろっています。破格の値段なのでイスラム教を理解する上でも、ぜひモスク内を見学していってください★


モスク内の様子

コタキナバル市立モスク|水に浮かぶ美しい姿にうっとり...
市立モスクの入り口
コタキナバル市立モスク|水に浮かぶ美しい姿にうっとり...
大きな礼拝堂(立ち入り禁止 )

モスク内に入ると、殺風景で何もない空間が広がっています。広々としたモスク内にはゴミ1つ落ちていなく、涼しい風が入ってきて心地いいです。きらびやかな装飾が施してあると思っていると拍子抜けしてしまいますが、それには訳があるのです…


偶像崇拝禁止!

市立モスク内部はとてもすっきりしています。キリスト教カトリック教会のようにイエスキリスト像やマリア像、絵画や彫刻でゴテゴテとした印象とは対照的です。

その理由はイスラム教は「偶像崇拝を禁止」しているからで、モスク内部は殺風景な景色が広がっているということです。アラビア語で書かれた文字が壁にあったりしますが、これは偶像ではなくコーランの一節なので問題ありません。静寂な空間なので落ち着いて礼拝ができますね。


外観は美しい

コタキナバル市立モスクの外観はとても美しい!朝日をバックにしたモスク、夕焼けのモスク、ライトアップされたモスクは息をのむ美しさです。ただ内部はあっさりしていて、サバ州立モスクの方がもう少し凝っていますね。

それでは、また。


関連ページ

更新:2016年04月20日|公開:2014年10月17日|カテゴリ:ブログ|タグ:見所

現在位置:ホーム > ブログ > コタキナバル市立モスク


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る