マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > ブログ > ヌヌックラガン

ヌヌックラガンはドゥスン族発祥の地!ボルネオ島サバ州の民話

ヌヌックラガン|Nunuk Ragangは、ボルネオ島サバ州すべての民族の発祥の地とされています。ドゥスン族が最初の民族で、他の民族はここから派生していったものと考えられています。

ヌヌックラガンはドゥスン族発祥の地!ボルネオ島サバ州の民話

ヌヌックラガンへの行き方

ヌヌックラガンはドゥスン族発祥の地!ボルネオ島サバ州の民話
ヌヌックラガンの外観

ボルネオ島サバ州のちょうど真ん中(民族発祥の地としてふさわしい!)に位置し、コタキナバルとサンダカンのを結ぶメイン道路のちょうど中間にあります。コタキナバルから車で行くと約4時間、サンダカンから来ても約4時間。

コタキナバルから来た場合、ラナウの町を通りそこから約50km。右手に見にくい看板がありそこを右折、坂を下って少し走ると左手に見えてきます。かなり遠い…。タンピス村|Tampiasにあり、ロードオブザリングのホビットの家、あるいは宮崎駿さんの映画に出てきそうな外観です。


ヌヌックラガンとは?

ヌヌックラガンはドゥスン族発祥の地!ボルネオ島サバ州の民話
写真とドゥスン語で書かれた文字。

ボルネオ島サバ州の民族発祥の地とされています。2004年にこの建物が完成しました。民話や神話の領域に入るので「本当なの?」と言われても困りますが、僕の聞いた話を書きます。


Nunuk Ragangの意味

Nunuk Ragangはドゥスン語で、「Nunuk=Banyan tree|バンヤンの木」、「Rangang=赤色」から来ています。バンヤンツリー 【Banyan Tree】とは「ベンガルボダイジュ」という菩提樹の仲間で、インドでは聖なる木で非常に大きな木です。ヌヌックラガンの大木はこの木のことを指しています。


ドゥスン族発祥の地

ボルネオ島には30種類以上の民族が存在していると言われますが、その中の最大民族が「ドゥスン族|Dusun」でおもに農業を営む農耕民族です。なのでボルネオ島サバ州の民族発祥の地ですが、「ドゥスン族発祥の地」と言い換えても差し支えないと思います。


かなり昔の話

ボルネオ島サバ州にまだ人がたくさんいない頃、元々の原住民はこの場所に住んでいました。だんだんと人口が増え始めこの場所に住めなくなったので、ラナウ|Ranauやタンブナン|Tambunan方面へと移住していきました。


木の上に住んでいた!

ヌヌックラガンの興味深い話は、昔の原住民は木の上に住んでいたということです!ヌヌックラガンの建物も大木を再現した形になっています。その理由は昔のボルネオは鬱蒼とした熱帯雨林で、森の中には獰猛な獣たちがたくさんいました。地上で生活できなかったので、仕方なく木の上に住んでいたということ。

また日中は森の中や川へ食料を探しに出かけ、その食料保存場所としてこの大木を使用していたというもの。面白い話ですね★


超巨大な木!

この建物がその大木を再現したということ、大木の直径は約10m以上!その分高さもあったのでしょう。超高層ビルのマンションに人が住んでいるイメージだと、たくさんの人が住めたと言ってもあながち間違いではなさそうです。


建物の中に並んでいる石

ヌヌックラガンはドゥスン族発祥の地!ボルネオ島サバ州の民話
全部で16個の石が並んでいます
ヌヌックラガンはドゥスン族発祥の地!ボルネオ島サバ州の民話
上から見るとこんな感じ

ヌヌックラガンの建物に入ると、最初に目に入るのがきれいに並んでいる正方形の石。全部で16個あります。


木目を再現した建物

ヌヌックラガンはドゥスン族発祥の地!ボルネオ島サバ州の民話
年輪と言うか木目が再現されています

階段を上がって外へ出ると、大木の木目を再現したような外観が見られます。根っこを再現した形も見られますね。そこに椅子があり休むこともできました。


ヌヌックラガンからの眺め

ヌヌックラガンはドゥスン族発祥の地!ボルネオ島サバ州の民話
目の前に緑が広がっています

上から眺めると遠くに透き通ったリワグ川があり、ヌヌックラガンは緑に囲まれた場所にあります。残念ながら目に入るのはすべて2次林ですが、何百年も前は立派な熱帯雨林に囲まれた豊かな森が広がっていたのでしょう。目を閉じると賑やかな野生動物や昆虫の声が聞こえてくるようでした。


ムルット族に聞いた話

ムルット族の人は「俺ら民族が元々のボルネオ先住民だ!」と言っていて、何が真実かは分かりませんが、ここボルネオ島は大きな島なのでたくさんの民族が昔から住んでいたということ。それぞれがそれぞれの民話を伝承しています。こういう昔話はロマンがあって素敵ですね★

それでは、また。


関連ページ

更新:2016年04月20日|公開:2014年10月16日|カテゴリ:ブログ|タグ:見所

現在位置:ホーム > ブログ > ヌヌックラガン


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る