マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > ブログ > ラフレシアセンター

ラフレシアの勉強はタンブナンにある「Rafflesia Nature Reserve Center」へ!

ボルネオ島サバ州のタンブナン|Tambunanにある「ラフレシアネイチャーリザーブセンター|Rafflesia Nature Reserve Center」は、ラフレシアの秘密をすべて知る事のできる場所。コタキナバルから車で1時間ちょっとです。

ラフレシアの勉強はタンブナンにある「Rafflesia Nature Reserve Center」へ!

ラフレシアセンターへの行き方

ラフレシアの勉強はタンブナンにある「Rafflesia Nature Reserve Center」へ!
ラフレシアの展示がたくさんある建物

コタキナバルからタンブナンへ向かう山道の途中にあります。車で約1時間20分、コタキナバルからいくと左手に一番上写真の看板が見えてきます。展示室は無料で見学できるので、ラフレシアに興味がある人はぜひ行ってみてください!世界最大規模の展示場です。(たぶん)


ラフレシア展示場へ

ラフレシアとは?

ラフレシアの勉強はタンブナンにある「Rafflesia Nature Reserve Center」へ!
展示場中央にあるラフレシアの模型

ラフレシアは世界最大の花で、マレーシアとインドネシア、フィリピンの3カ国にあります。一番大きなラフレシアは「ラフレシアアーノルディ|Rafflesia arnoldii」で、直径の最高記録が何と150cm!小柄な女性ほどの大きさです。最小のものは直径10cmもありません。 

9ヶ月間つぼみで咲いて1週間で枯れてしまう幻の花!見頃は咲いて2~3日目で、その後は黒く腐ってしまい1週間でぼろぼろになってしまいます。とても貴重な花なので、まだ謎の多い秘密の花です。


ボルネオ島サバ種で見られる種類は?

ラフレシアの勉強はタンブナンにある「Rafflesia Nature Reserve Center」へ!
ラフレシアが自生している場所。
ラフレシアの勉強はタンブナンにある「Rafflesia Nature Reserve Center」へ!
ラフレシアプリセイ|Rafflesia pricei
ラフレシアの勉強はタンブナンにある「Rafflesia Nature Reserve Center」へ!
ラフレシアケイティ|Rafflesia keithii

ラフレシアの種類は全部で22種類、ボルネオ島には8種類あります。ここマレーシアボルネオ島サバ州で見られるラフレシアは「ラフレシアプリセイ|Rafflesia pricei」と「ラフレシアケイティ|Rafflesia keithii」2種類です。(もっとあるかも…)特にラフレシアプリセイは形色とも最高にきれいです!

サバ州で観光客が見られる場所は、ここタンブナンラフレシアセンターとクロッカー山脈のマフア、ポーリン温泉とその近く、ラナウの町周辺。旅行会社が企画する「キナバル公園とポーリン温泉ツアー」では、運がよければラフレシアが見られる可能性があります。


 

こんな場所にラフレシアが!

ラフレシアの勉強はタンブナンにある「Rafflesia Nature Reserve Center」へ!
空中に浮いています!(展示場にあった写真)

展示場の1枚の写真にびっくり!何とラフレシアが空中に浮いていました!よく見るとツルから生えてきている様子。こんなラフレシアは自分の目では見た事はありません。

その秘密は、ラフレシアは寄生植物で「ブドウ科のつる植物」に寄生していて、そこから栄養分を得ています。そのつるが地面に這っていて普通はそこから生えるラフレシアを見る事が多いのですが、たまにつるが上の方へ伸びて行くと、写真のようなラフレシアが見られるという事です。興味深いですね★ 


ラタンの展示室

ラフレシアの勉強はタンブナンにある「Rafflesia Nature Reserve Center」へ!
ラタンで作った伝統工芸品
ラフレシアの勉強はタンブナンにある「Rafflesia Nature Reserve Center」へ!
お土産屋さんにも売っています

ラフレシア展示場の隣にもう1つ建物があり、のぞいてみるとラタンで作った伝統工芸品が展示してありました。まだプラスチッックや鉄などが無い時代、昔の人はこのラタンを使ってかごや帽子など生活必需品を作っていました。


いい勉強になりました!

この展示場を見てびっくりしたのが、ラフレシアの模型がたくさん並んでいるという事。すべて実物大です!大きなラフレシアから小さいラフレシアまで、カラフルなものから1色のものも。次回はもっとゆっくり見学しようと思っています。

それでは、また。


関連ページ

更新:2015年10月09日|公開:2014年10月03日|カテゴリ:ブログ|タグ:旅行

現在位置:ホーム > ブログ > ラフレシアセンター


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る