マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > ブログ > 旅人の木

旅人の木はユニークな植物!名前の由来は何なの?

熱帯地方には日本で決してお目にかかれない、ユニークな植物がたくさんあります。この「旅人の木」はそのうちの1つで、形もそうですが名前がとてもユニーク!果たしてその由来は...

旅人の木はユニークな植物!名前の由来は何なの?

マダガスカル原産の植物

植物名は「Ravenala madagascariensis」で英語では「Traveller's Tree」あるいは「 Traveller's Palm」と呼ばれています。その英語名から「旅人の木|タビビトノキ」という和名が付いたのでしょうが、他にも「扇芭蕉|オウギバショウ」と扇形の形に似ているためにこう呼ばれます。ドラゴンボールで亀仙人が使った芭蕉扇はこれかっ!?

写真は「スンブラン地区のグレースポイント」という場所にある旅人の木。今他に思いつくのは「ステラハーバー・パシフィックステラホテル」の入り口近くにもこの木があります。


名前の由来

旅人の木はユニークな植物!名前の由来は何なの?
まるでうちわのような旅人の木

その1、茎に水がたまっている

グレーの幹の上の黄緑色の太った部分に水がたまっていて、旅人が喉が渇いて死にそうなとき、そこを切ればその水が飲め命が助かるという事です。(死ぬとは決まっていませんが…)実験してみたいのですが、公園内の木ですので切る事ができません。いつか飲めたら報告します。その水を飲んでお腹を壊したら笑えますね★


その2、方角を表している

葉の広がる方向が「南北」を示すので、旅の羅針盤になるから旅人の木と呼ばれます。写真の木はだいたい同じ方向を向いていました!ただ大きくなってから植え替えたりしたら分かりませんね…


庭に植えたら最高!

こんな美しい木が庭先に植えてあったら自慢になります!写真のような大きな木になるまで、一体何年かかるのでしょうか?自分の家が持てるようになったら、絶対植えてみます!

それでは、また。


関連ページ

更新:2016年04月20日|公開:2014年10月11日|カテゴリ:ブログ|タグ:見所

現在位置:ホーム > ブログ > 旅人の木


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る