マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > ブログ > マレーシアのいいところ

マレーシアと日本どっちが好きなの?マレーシアのいいところ紹介

友人や家族に一番聞かれる質問No.1です。はっきり言って困る質問ですが、どっちも好きだよといつも答えています。今回はマレーシアのいいところを紹介します★

マレーシアと日本どっちが好きなの?マレーシアのいいところ紹介

はっきり言って困る質問...

マレーシアの友人というより、むしろ日本の友人に聞かれる質問No.1は「マレーシアと日本どっちが好きなの?」です。そりゃあ両方とも好きですよ!と言ったら終わりなので、少し考えてみました★


熱帯の国マレーシア、かなり心地いい!

クーラーいらず!

まずは気候のことですが、日本の猛暑日のようなうだるような暑さはありません。私の住んでいるアパートにはクーラーはありませんが、どこの家にもある天井にくっついている巨大な扇風機があれば、日中の一番気温が高い時でも我慢できます。

日本の7~9月の暑い期間は、クーラーがないと暮らせませんよね?それと比べるとかなり心地いいです!日中の暑い時間帯を外で過ごさなければ、一年中快適に暮らせるということです。


冬がない!

常夏の国マレーシアですからもちろん冬はありません。毎朝スクッと起きられます★日本が一番寒くなる1~2月は、雨期真っただ中で雨がよく降り肌寒いです。夜は掛け布団をかけないと寒くて眠れません。ですが日本の春や秋の気温と同じくらいなので、とても過ごしやすくよく寝れます^^


マレーシア人はフレンドリー★

初対面の人でも、マレーシア人はかなりフレンドリーに打ち解けてくれます。これは小さい頃から大勢の人に囲まれて生活しているので、人見知りが少なく人に慣れているからでしょう。これはすごく重要なこと!

ワークキャンプで植林に来た学生は、数日現地の村に滞在して過ごすのですが、帰りの日となると涙を流して別れを惜しみます。言葉が通じなくても仲良く接してくれるのが嬉しいですね^^


物価が安い

月々10万円もあれば、十分生活することができます。日本だと30万円ぐらいは必要ですからね。しかし現地で仕事して生活するということは、現地の物価に合わせた給料が支払われるので、平均6万円前後でしょうか。

日本と同じ給料がもらえれば贅沢できますが、世の中そんなに甘くはありません。マレーシアの給料水準が日本と一緒になれば、物価も上がってしまうんですからね。分かりますか?


日本から近い!5時間半のフライト

私の住んでいるのは、マレーシアのボルネオ島。サバ州のコタキナバルというところです。半島マレーシアのクアラルンプールの方ではなく、日本から近いボルネオ島という大きな島です。

マレーシアから日本へ帰国する時は、風の影響もあって4時間半で到着したこともあります。日本からは5時間半かかります。クアラルンプールまで行くと7時間半。発狂しそうになる狭い機内ですが、映画2本見れば着いてしまうという近さです。


マレーシアはとってもいいところよ!

今回はマレーシアのいいところを紹介しました。悪いところもたくさんありますが、「郷に入れば郷に従え」で長く住んでいると、案外気にならなくなってしまいます。(時間にルーズだったり、何事もいい加減!)

次回はマレーシアから見た日本のいいところを紹介しましょう。外から見ると意外な発見がたくさんあります。お楽しみに★

それでは、また。


関連ページ

更新:2015年12月18日|公開:2014年01月24日|カテゴリ:ブログ|タグ:ニュース

現在位置:ホーム > ブログ > マレーシアのいいところ


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る