マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > ブログ > 日本の布団

日本の布団をやっと手に入れた! in マレーシア

マレーシアに滞在していると日本の「布団」が恋しくなります。マレーシアではベッドかマットレスを使うのが主流で、折り畳めるフトンを見つけられて大満足です★値段はRM149。

日本の布団をやっと手に入れた! in マレーシア

コタキナバルのサーベイで購入

日本の布団をやっと手に入れた! in マレーシア
「Futon」と書いてあります。RM149で購入

コタキナバルのリカス地区にある「サーベイ(Servay)」で発見しました。1階がスーパーマーケットのショッピングセンターで、上階には日用品から洋服まで売っています。寝具コーナーをブラブラしていたら「Futon」と書かれたマットレスを見つけ、数日後RM149、約5000円で購入しました★


マレーシアはベッドが一般的

マレーシアではベッドか厚さ10~20cmほどのマットレスを使うのが一般的で、床に直接布団を敷いて寝る人は見たことありません。日本人なので、やっぱり床で布団を敷いて寝たかったです。


なぜ布団が欲しかったのか?

床に寝るのが好き

日本で生活していた時は畳の上に布団を敷いて寝ていました。10代の頃、珍しがってベッドで寝ていたこともありましたが、最終的にはやっぱり布団に戻りました。小さい頃から布団で寝ていたので、ベッドだと何だか床に落ちる気がして好きになれませんでした。


折り畳めて小さくなる

日本の布団をやっと手に入れた! in マレーシア
折り畳めて場所をとらない!

マレーシアでは欧米の生活スタイルが主流なので、ベッドを使う生活をしていました。決して大きな家に住んでいる訳ではないので、部屋にベッドを置くと1/3ぐらい場所を占領されてしまい狭くなります。余ったスペースに机を置いてブログを書いたりしていました。

購入した布団は3つ折りに折り畳めるので、朝起きたら折りたたみ部屋の端の方へ置いておくことができます。部屋が広く使えるので嬉しいです★もし男友達が泊まりに来たりしても、ベッドだけだと一緒に寝ないといけませんが(絶対嫌だ!)、布団であれば場所をとらずに保存しておけます。


外に干せる!

ベッドには厚さ10~20cmほどのマットレスを使いますが、それを外に干すのが大変!(まあ普通は干さないんだろうけど...)まず重くて運ぶのが大変!そしてデカイので干すスペースが無い!日本人なので布団はやっぱり太陽に当てて、夜気持ちよく眠りたいですよね?

それでもシングルサイズだったので、何とか3日の1回は干していましたが、部屋からバルコニーに運ぶまでドアや物にぶつかるのでかなりイライラ。一方マレーシア人がマットレスを干している場面は見たこと無く、シーツもほとんど洗っていないのが現状です(外に干す習慣がないみたい)。

購入した布団は軽くて運ぶのが楽ちん!バルコニーの物干にもかけられるので、太陽が出ていて日が当たる時間帯はなるべく外に干しています。夜眠る時の太陽の匂いがする布団が大好きです♥


涼しい!

マレーシアは1年中暑いので、特に雨が降らない乾季は寝苦しいです。布団を使うと直接床に触れることができ、ひんやりするのがとても気持ちがいいです(マレーシアでは床材にタイルや直接コンクリートを使用することが多いので)。


布団というより薄いマットレスかな?

正直日本のふかふかの布団とはほど遠いですが、折り畳めて外に干せるというのが1番嬉しいことです★布団というよりも、布団の下に敷くマットレスのような商品ですが、以前から軽くて折り畳める寝具が欲しかったので大変満足しています。あと欲しいのは「そばがら枕」ですね。

それでは、また。


関連ページ

更新:2016年04月11日|公開:2015年02月25日|カテゴリ:ブログ|タグ:生活

現在位置:ホーム > ブログ > 日本の布団


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る