マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > ブログ > キナバル公園とキャノピーウォーク

キナバル公園とキャノピーウォーク|おすすめツアー紹介

ユネスコ世界自然遺産に指定されたキナバル公園とポーリン温泉を巡るツアー。巨大な熱帯雨林に圧倒され、運がよければ世界最大の花ラフレシアが見られるかも...

キナバル公園とキャノピーウォーク|おすすめツアー紹介

ツアーのハイライト

  • ボルネオの大自然
  • 雄大な標高4095mのキナバル山
  • 世界自然遺産のキナバル公園を散策
  • 昆虫や鳥、は虫類に出会えるかも?
  • 種類豊富な野生のラン
  • 熱帯植物園を見学
  • 食中植物のウツボカズラ
  • 日本軍が発見した温泉へ
  • 高さ50mを越える熱帯の巨木
  • 大自然を空中散歩「キャノピーウォーク」

持ち物チェックリスト

  • 雨具(どしゃ降りの可能性があるので、傘ではなくできればカッパを用意)
  • 長袖(標高が高いのでかなり冷えます)
  • スニーカー
  • タオル
  • 水着(温泉に入りたい人)※無料更衣室あり

ツアーの感想

キナバル公園は1964年にサバ州で最初の州立公園として指定され、2000年にはユネスコによってマレーシア初の世界遺産に登録されました。その中にあるキナバル山は東南アジア最高峰の標高4095mです。そんなボルネオ島を代表する大自然を回るツアー!


ナバル村へ

キナバル公園へ向かう途中のナバル村で、ボルネオ島サバ州の民族工芸品がたくさん売っていました。奥にある小さな公園はキナバル山が一望でき、そこで記念撮影することができました!


キナバル公園へ

澄んだ空気と涼しい風。標高1500mに位置するキナバル公園内をトレッキングします。ガイドさんだけが知っている穴場のトレイルをトレッキング!植物園では巨大なウツボカズラや美しいランを鑑賞しました。


ポーリン温泉へ

昼食はポーリン温泉の近くにあるレストランで食べます。美味しい中華料理が味わえました。

ポーリン温泉では、低地の熱帯雨林を観察することができます。高さ50mにも達する熱帯雨林の巨木にびっくりしますよ!その後はこのツアーの1番の見所「恐怖の吊り橋|キャノピーウォーク」です。ボルネオの熱帯雨林を一望できます。

ポーリン温泉は昔日本軍が発見し、その後観光地開発されました。共同で入れる大浴場は水着が必要です。別料金でコテージの中にある温泉も楽しむことができます。水着を忘れてしまって大丈夫!足湯がありますのでのんびりくつろげます。


ラフレシアが見られるかな?

大きいものは直径1mを超えるとも言われている、世界最大の花「ラフレシア」が見られるかもしれません。咲いて1週間で枯れてしまう幻の花ラフレシア。見られる可能性は少ないですが、一生の思い出になるので咲いていたら絶対見ましょう!


大自然に圧倒されました!

ボルネオ島の大自然を堪能できるツアーで、必ず参加して欲しいツアーの1つです。バスの中から見るボルネオの田舎風景も楽しいですよ!


≫キナバル公園を訪れる「現地オプショナルツアー」はこちらへ icon
※ブログ内容とツアー内容は異なります。

それでは、また。


関連ページ

更新:2016年04月13日|公開:2015年03月09日|カテゴリ:ブログ|タグ:旅行

現在位置:ホーム > ブログ > キナバル公園とキャノピーウォーク


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る