マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > 旅行の準備 > 旅行術 > 服装選び

服装選びのコツは暑い国でも長袖は必要!

昼間でしたら大丈夫でしょうが、夜に食事をする場合や買い物をする場合は、薄い長袖を持ち歩いた方がいいです。

マレーシアは熱帯の国

服装選びのコツは、暑い国でも長袖は必要!
基本は半袖半ズボンで大丈夫!

マレーシアは常夏の熱帯の国です。日中に外を歩く時はもちろん半袖・半ズボンでOKです!また、ボルネオ島サバ州は「風の下の国」とも呼ばれ、風が穏やかに毎日吹いているので日陰ではさほど暑さを感じません。

昼間の炎天下をずっと歩いていたら、汗がだらだらと流れ落ちますが、わざわざ旅行できているのに暑い思いをする必要はありません。外出は日が落ちてからの夕方以降にしましょう。


レストランやショッピングセンターは寒い?

レストランやショッピングセンターは寒い? レストランやショッピングセンターは寒い?
ショッピングセンターはエアコンがガンガン効いています

熱帯の国と行っても、レストランやショッピングセンターの中は冷房が効いていて冷えています。昼間でしたら大丈夫でしょうが、夜に食事をする場合や買い物をする場合は、薄い長袖を持ち歩いた方がいいです。

地元のレストランは、風通しをよくしてあるオープンスタイルなので寒くありません。しかし、ショッピングセンターの中級以上のレストランや、外にある中級以上のレストランは、出口が一カ所でまわりを囲まれているのでかなり寒いです。


飛行機の中がとにかく寒い!

コタキナバルへはマレーシア航空機が便利
コタキナバルへはマレーシア航空機が便利

マレーシア旅行中はそれほど長袖が活躍する時はないかもしれませんが、1番の問題は飛行機の中です。機内では長袖がないと辛い…エアアジアなどの格安航空会社を使った場合は、毛布もありません(別料金で借りられます)ので、防寒対策を忘れずにしてください。

私の場合は長ズボンはもちろん、Tシャツの上にユニクロのヒートテック、スウェットのパーカを着ています。靴下もしっかりはいてスニーカーを履き、ニット帽までしてまるで真冬の服装です。

マレーシア航空でしたら、機内食でアイスクリームが出されるので丁重にお断りましょう。お腹が冷えて後で大変なことになりかねません。


長距離の大きなバスの中はまるで冷蔵庫!

長距離の大きなバスの中はまるで冷蔵庫!
長距離バスは危険な寒さ!

コタキナバルからサンダカンやタワウ、ケニンガウへ長距離バスで移動する方もいるかもしれません。長距離バスの中が冷蔵庫のように寒い!消してくれと頼んでも、大勢の客がいますし自分勝手なことは言えません。

笑ってしまうのが、地元の人がカーテンにくるまっているのを見かける時です。みんなエアコンの吹き出し口をあっちに向けたりこっちに向けたり、試行錯誤していますが全く効果がありません。

近距離でしたら、ミニバスかタクシーでの移動をオススメします☆


キナバル公園やラナウ、クンダサンの高地

キナバル公園やラナウ、クンダサンの高地は涼しい
標高が高い町は朝晩冷えます

ボルネオ島のいいところは、山あり海ありなところです。キナバル山は4000mを超える山で、登山口があるキナバル公園も標高が高いです。

キナバル公園の先にはクンダサン、私の大好きなラナウがあります。ここもコタキナバルよりずっと標高が高いので朝晩はかなり冷えます。Tシャツ一枚ではとても過ごせないので長袖が必要になります。


スウェットのパーカとヒートテック

ユニクロのスウェットのパーカ 長袖の襟つきシャツ
やっぱりユニクロが好きです ♥

私がいつも持っていく長袖は、「スウェット地のパーカ」・「長袖の襟つきシャツ」・「ユニクロのヒートテック」です。

「スウェットのパーカ」は厚手のものがいいです。映画館へ行ったとき薄手のパーカでは寒かったので。色はもちろんグレー☆セレブに見えます☆「長袖のシャツ」は、ちょっとおしゃれなレストランやデートの時に最適です。もしマレーシアに友人がいれば、結婚式に呼ばれるかもしれません。ちょっと肌寒い時に軽く着れるので重宝します。リネンシャツでしたら、しわくちゃになっても気になりません。

「ユニクロのヒートテック」は使えます!肌着なので薄く荷物もかさばりません。上着を着れば隠れるので、黒の長袖をいつも使っています。


コタキナバルで長袖は手に入るのか?

ショッピングセンターをぶらぶらと探したところ、確かに長袖は売っていますが高いです。地元の人が軽く買える値段ではありません。しかも長袖のシャツは売っていますが、セーターや厚手のスウェットは1万円を超えてしまいます。(ブランドの店なので)

長袖は日本から忘れずに持っていきたいです。冬に旅行する場合は、自宅から空港までが寒いので長袖を着ます。夏場に旅行をする場合は、日本が暑いので忘れがちになってしまいます。

マレーシアは常夏の国で持っていく衣類で荷物がかさばらないと思うので、長袖は忘れずに☆


関連ページ

更新:2015年09月30日|公開:2012年08月29日|カテゴリ:旅行術

現在位置:ホーム > 旅行の準備 > 旅行術 > 服装選び


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る