マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > 旅行の準備 > マレーシアについて > 郵便システム

郵便・小包・宅配便システムはよく整備されている

マレーシアの郵便システムは良く整備されていて、普通郵便なら日本へ5~10日で届きます。

郵便・小包・宅配便システムは、よく整備されている

郵便・小包・宅配便システムは、よく整備されている
無くなることはまずありません!

マレーシアの郵便システムは良く整備されていて、普通郵便なら日本へ5~10日で届きます。急いで郵送したい場合は、エクスプレスサービスもあります。


手紙やはがきを送る

POS MALAYSIA(郵便局)やホテルのサービスを利用して送ることができます。また、ショッピングセンターやバスターミナルにも郵便局が入っているところがあります。街中のポストに投稿したり、郵便局の窓口やホテルのフロントに頼んで出すことができます。

クアラルンプールからだと4~5日、他の都市・地域からだと1週間~10日程度で日本へ届きます。


エクスプレス・メール・サービス(EMS)

重要書類や小包を郵送で早く送りたい場合は、POS LAJU MALAYSIAと呼ばれるエクスプレス・メール・サービスが利用できます。マレーシア国内の主な湯便局で扱っています。重量制限は10kgまで。

日本までは通常3~4日かかります。荷物の大きさは縦+横+高さが2m以内。


郵便小包を送る

郵便・小包・宅配便システムは、よく整備されている
重い荷物は送っちゃいましょう!

旅先で増えた荷物は小包にして送ってしまえば、身軽な旅が続けられます。航空便なら1週間程度、早ければ4~5日で日本へ届きます。時間がかかってもよければ船便の利用で安く上がります。

免税額を超える範囲の品物を日本へ送る場合は、帰国時に日本の税関で別送品申告書を提示しましょう。

小包は20kgまで送ることができます。輸送方法は航空便、SAL便、船便、EMSのどれかを指定します。SAL便では2~3週間、船便なら1ヶ月程度で日本へ届きます。

発送の際には、郵便局の窓口で税関申告書と送り状を渡されるので、それらに必要事項を記入します。書き方が分からない場合は、局員に聞けば教えてくれます。包装用の箱やガムテープ、ひもといったものは郵便局では用意されていません。事前に文房具店や雑貨店で購入して用意しましょう。


SAL便とは?

SAL便は、国内輸送を陸路で行い、日本までは航空便に空きができ次第送られてくるので、普通の航空便よりも時間はかかりますが料金は割安になります。


国際宅配便(クーリエサービス)を利用する

貴重品や重要書類などをより早く確実に送りたい時は、国際宅配便を利用する方が安心です。通常日本への宅配日数は2~3日で、荷物は自宅まで直接手渡しで配達されます。

マレーシアで利用できる主な宅配会社は日通(Nippon Express)、FedEx、OSC、TNTなどです。それぞれの会社によって料金は異なります。また、日通の場合なら、荷物の価格制限金額は20万円までです。


関連ページ

更新:2015年09月29日|公開:2012年09月02日|カテゴリ:マレーシア

現在位置:ホーム > 旅行の準備 > マレーシアについて > 郵便システム


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る