マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > 旅行の準備 > マレーシアについて > 電話事情

マレーシアの電話事情|携帯電話は必需品

携帯電話は田舎の方に行っても通じますので、マレーシア旅行には必需品となっています。

携帯電話が普及!

マレーシアの電話事情
日本以上に携帯電話は普及しています

今やマレーシアでも多くの人が携帯電話を持っています。田舎の方に行っても通じますので、マレーシア旅行には携帯電話は必需品となっています。日本の携帯電話を持っていってもいいですが、利用料金がかなり高額になりますので注意してください。

マレーシアで携帯電話を買ってもいいです。この場合は本体が約3000円(一番安くて)、SIMカード(電話番号)が約300円、通話料は使用分だけ買うプリペイド式です。


公衆電話

携帯電話が普及していない昔は、まだ私も現地の携帯電話を持っていなかったので公衆電話をよく利用しました。最近は公衆電話を見かけることは少なくなりましたが、コインやテレホンカードで利用できます。

ただ、テレホンカードを買うのが面倒で、何度も大変な思いをしたことがあります。空港で使う公衆電話にはそれ限定のテレホンカードがあって、空港内でしか使えなかったり、磁気を公衆電話が読み取らないので無駄にしてしまったりとたくさんの思い出があります。

クアラルンプール空港内では、テレホンカードを買うのにあっちに行ったり、こっちに行ったりと探すのが大変でした。朝晩は店が閉まっていることがあるので、カードが買えなかったりと...

テレホンカードはコンビニなどで売っています。


ホテルでの電話

ホテルからも電話はもちろんかけられます。ただ携帯電話や公衆電話からかけるよりも割高です。


関連ページ

更新:2015年09月29日|公開:2012年09月02日|カテゴリ:

現在位置:ホーム > 旅行の準備 > マレーシアについて > 電話事情


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る