マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > 旅行の準備 > 病気 > コレラ

コレラは経口感染

激しい下痢と嘔吐で、脱水症状が進むと血圧が低下し、声はかすれ、皮膚はしわだらけになります。

病気の特徴

コレラは食中毒と同じ経口感染
激しい下痢と嘔吐に襲われます

食中毒と同じ経口感染で潜伏期間は1~3日、早い時は数時間で発病することがあります。激しい下痢と嘔吐で、脱水症状が進むと血圧が低下し、声はかすれ、皮膚はしわだらけになります。発熱や腹痛などの症状はほとんどありません。

近年、東南アジアで発生するコレラは、エルトール型で、感染しても症状がないことも多く、軽い下痢で終わります。

重症の場合、「コメのとぎ汁のような水様性便」が大量に(1日10リットル~数10リットル)排泄され、ただちに治療を行わないと死亡する可能性があります。


予防・対策方法

治療法は確立しているので、早期に治療を行えば回復は早いです。

トイレ後や食事前には、手を必ず洗うなどして十分に気をつけましょう。また、衛生管理がよいとはいえない食堂や屋台などの料理、生ものなどはできるだけ食べないようにしましょう。

コレラにかかった場合は、水分補給と抗生物質が有効です。予防接種を行うこともできますが、効果は50%程度と言われています。


関連ページ

更新:2015年09月30日|公開:2012年09月04日|カテゴリ:病気

現在位置:ホーム > 旅行の準備 > 病気 > コレラ


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る