マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > 旅行の準備 > 病気 > マラリア

マラリアはハマダラ蚊によって感染

熱帯の病気の代表といったら「マラリア」です。ハマダラ蚊を媒介として、マラリア原虫が赤血球に寄生して感染します。

病気の特徴

マラリアはハマダラ蚊によって感染 マラリアはハマダラ蚊によって感染
蚊による感染

熱帯の病気の代表といったら「マラリア」です。

ハマダラ蚊を媒介として、マラリア原虫が赤血球に寄生して感染します。潜伏期間は1~数週間。突然40℃近い高熱にみまわれ、猛烈な寒気とともに体がぶるぶる震え出します。その後は熱が引き体のだるい状態が2~3日続きます。そしてまた高熱…と繰り返します。


予防・対策方法

マラリアはハマダラ蚊によって感染
感染したと思ったらすぐに病院へ!

ジャングルではともかく都市部では心配ありません。虫除けや蚊取り線香は必需品です。

ハマダラ蚊の特徴は、羽の前の部分が白黒になっていて、刺す時にお尻を上げ、逆立ちのような仕草をします。夕方から夜にかけて活動するので、ジャングルや湿地帯で夜間活動する時が要注意です!

2日ほど高熱が続いたら、とにかく病院へ行きましょう。予防薬を病院でもらうこともできますが、マラリアの種類によっては効果が低く、副作用もあるので医師とよく相談してください。

マラリアには予防薬があります。渡航先によって適切な予防薬が異なりますので、必ず専門の医師と相談してください。予防薬は、定期的に服用することと、帰国後も飲み続けることが必要です。必ず医師の指示に従って服用してください。


関連ページ

更新:2015年09月30日|公開:2012年09月04日|カテゴリ:病気

現在位置:ホーム > 旅行の準備 > 病気 > マラリア


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る