マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > 観光旅行地 > おススメ > サンデーマーケット

ガヤストリートはコタキナバルの名物!日曜の朝市は必ず行くべし

コタキナバルのおすすめ観光スポットです。日曜に開かれるサンデーマーケットは地元の人や旅行客に有名です。日本へ持ち帰るお土産はここで探しましょう!

ガヤストリートはコタキナバルの名物!日曜の朝市は必ず行くべし

毎週日曜に開かれるガヤ通りのマーケット

古い町並みが残るガヤ通り(Gaya Street)で、毎週日曜の午前中に開かれるマーケットです。生活雑貨やお土産など、地元住民と旅行客でにぎわいます。狭い通りにぎゅうぎゅうに屋台が並び、朝から多くの人でごった返しています。色とりどりのパラソルがきれいに開き、熱帯の暑い日差しを遮ってくれます。とにかく人が多いのでスリには気をつけましょう!ここに来れば日本へのお土産には困りません。しかも安い☆


サバ州の民芸品が売っています

民芸品のかご
民芸品のかごです
サンゴ礁や貝
大きなサンゴ礁や貝

サバ州の民芸品が多く売っています。かごやアクセサリー、ビーズの首飾り、キーホルダーなど、日本へのみやげ探しには困りません。大きなサンゴ礁や貝も売っていますが、持ち帰るのは大変ですね。


大きな鐘をおじいさんが叩いていました

大きな鐘をたたくおじいさん
大きな鐘をたたくおじいさん
サバ州の伝統的な鐘です
サバ州の伝統的な鐘です

どこからともなく「ポンポン」という鐘の音が聞こえてきます。行ってみると2人のおじいさんが鐘を叩いています。これはサバ州の伝統的な楽器のひとつです。結婚式や祝い事など、何かの行事の際には必ず登場します。私も叩いたことがありますが、素敵な音が出てなんだか踊り出したくなってしまいます。伝統舞踊などを見せてくれるレストランへ行けば、この鐘のリズムに合わせて地元のダンサーがサバのダンスを披露してくれます。


目の見えない人がマッサージ?

目の見えない人がマッサージしています
目の見えない人がマッサージしています
目の見えない人がマッサージしています
順番待ちをしている人も

歩いていると不思議な光景を発見!何と目の見えない人がマッサージをしているのです。これには驚きました。確かに目が見えなくても、体のつぼを刺激するマッサージはできます。とてもいいアイデアです☆しかも目が不自由でも収入を得ることができます。こういう不自由な人を社会の隅に追いやってしまう日本では、とても考えられないことです。日本の社会ももう少しオープンになって欲しいです。


定番のTシャツももちろんありますよ!

Tシャツが山積みです
Tシャツが山積みです
I ♥ sabah
I ♥ sabah 定番ですね

お土産にもらったら絶対困る!?Tシャツももちろん売っています。私も昔はよく買って帰りました..今思うと恥ずかしい...いつからか「アイラブ...」というTシャツが出てきましたが、もちろんマレーシアにもあります。「I ♥ sabah」「I ♥ KK(コタキナバル)」「I ♥ Malaysia」など、旅行中に切るのはいいと思うのですが、日本で来ている人がいるとちょっと...「I ♥ NY」「I ♥ Paris」など、いい町のシャツを着ていると優越感に浸れるのでしょうが、見ているほうはあまりいい気はしません。あくまで私の意見ですが...オランウータンなどかわいいシャツもありますよ。


テノムのコヒーは美味!

テノム産のコーヒーはおいしい
テノム産のコーヒーはおいしい
豆を粉にして売ってくれます
豆を粉にして売ってくれます

テノムという内陸にある地域のコーヒー豆です。豆をその場で挽いてくれ、粉にして売ってくれます。その香ばしいいい香りが鼻につき、買って帰ったことがあります。飲んでみると香りがよくとてもおいしかったです!私はコンデンスミルクを少しいれ、少し苦みを残したコーヒーが好きです。値段は1袋500円ぐらいですが、量が多いので長持ちします。お土産に買って帰ってみてはいかがでしょうか?


どら焼きと書かれた大判焼きを発見!

DORAYAKIと書かれています
DORAYAKIと書かれています
どう見ても大判焼きですが
どう見ても大判焼きですが

少し小腹が空いた頃、ちょうどよく大判焼きを発見しました。近づいてみると「DORAYAKI」と書かれています。「どら焼きって確かドラえもんが食べてるあれだよな」と思い浮かべてみましたが、暑さのせいで頭がおかしくなっていたのか、細かいことは気にせず「マレーシア産のどら焼き」を購入。RM1で皮がもちもちしていて、かなりうまかったです。今度行ったら店員に「どら焼きって知ってる?」って聞いてみよっと。


かわいい小物入れとマグネット

ボルネオの絵が描かれた小物入れ
ボルネオの絵が描かれた小物入れ
子供が喜びそうなマグネット
子供が喜びそうなマグネット

左写真はボルネオの動物やキナバル山の絵が描かれた小物入れ。オランウータン、テングザル、海亀、ラフレシアなどもらってうれしい、かわいい小物入れです。右写真は食べ物の形になっているマグネット。日本食のすしや天ぷら、うなぎ、丼ものなどもありました。お土産には悪くないですね。


ボルネオはランの宝庫です

ボルネオはランの宝庫です
ピンク色のきれいなラン
植木や草花も売っています
植木や草花も売っています

ボルネオは赤道直下に位置する熱帯の島です。ランももちろん多く、ボルネオは世界でも有数のランの宝庫です。日本では冬の管理が難しいためランを買う人は少ないですが、こちらは一年中暖かいのでランは普通の家にも飾られています。私はまだ買ったことはありませんが、いつかトライしてみたいと思います。


犬や猫、熱帯魚、ハムスターウサギなども売っています

子猫が寝ています
子猫が寝ています
かわいい子犬
かわいい子犬
ハムスターやウサギ
ハムスターやウサギ
熱帯魚も売っています
熱帯魚も売っています

ショッピングセンターなどではあまり見かけない、動物もガヤストリートには売っています。さすがにオランウータンやボルネオゾウ、コブラ、大トカゲ、サソリ、毒蛇などは残念ながら!?売っていませんでした...値段は交渉次第だそうですが、犬や猫は数万円します。イスラム教徒は犬は飼わないので、猫をたくさん飼っていますが、ほとんどが貰い物なので「ここで買う人がいるのかな?」と思ってしまいました。つまり避妊などはしていないので、そこら中で子供をはらんでしまうということです。


面白いものを発見しました!

超流行ファッションです
超流行ファッションです
レトロなミニバン
レトロなミニバン

「超流行」と書かれたサインボード。ファッショナブルな服が売っているということですね。また、黄色いレトロなミニバンを発見!おそらく30年以上前の日本車でしょうが、まだ現役で使われています。日本の技術力の高さを証明する車です。


ガヤストリートにあるおすすめレストラン

写真は金沙園生肉麺。ここで注文できるメニューは、スープとタレをからませた麺だけです。スープの中身を好みに合わせて、アレンジすることができます。最初は「チャンプル」と注文して、色んな肉を混ぜてもらいましょう。値段はRM6、150円ぐらいです。店特有のチリソースに肉をからめればまたうまし!


小腹が空いたらナシゴレンやミーゴレンを

ナシゴレンやミーゴレン
ナシゴレンやミーゴレンが売っています
ジュースですが飲まないほうが
冷たいジュースですが飲まないほうが

小腹が空いたらナシゴレンやミーゴレンが売っているので、それを食べましょう!ひとつ50円ぐらいです。レストランへ入ってもいいですが、せっかくなのでぶらぶら歩きながら食べるか、下の写真のような休憩所がありますのでそちらで。また、気をつけたいのが左写真のジュースです。実際現地にいるとかなり暑いので飲みたくなってしまいますが、お腹を壊す可能性があるので止めましょう!私もコタキナバルではなくラナウという町で、市場で売っているジュースを飲んだところ当たった経験があります。缶ジュースやペットボトルの水を飲めば安心です。


わらぶき屋根の休憩所

わらぶき屋根の休憩所
わらぶき屋根の休憩所
エアロビクスを踊っていました
エアロビクスを踊っていました

ガヤストリートの入口に休憩所があるので、そこで休みましょう。竹でできた長椅子が中にあり、日陰なので涼しいです。ピンクのハーフパンツをはいているのが私ですが、こんな感じでラフにしていると、スリに狙われる心配はありません。とにかく人が多いので、荷物はあまり持ち歩かないのがベストです。休憩所の前でエアロビクスを踊っている集団がいたので、ワクワクしながら近づいていきましたが、おばさんばっかでがっかり...


コタキナバルの有名観光スポットです!

コタキナバルの有名観光スポット
イスラム教徒が着る「バジュクロン」が売っています。色とりどりできれいですね!

いかがでしたでしょうか?あまりに膨大な写真を撮ってしまったので整理がなかなかできず、やっと完成してよかったです。お金もかからず、ボルネオサバ州の民芸品や工芸品、ランなどがいっぺんに見られるコタキナバルのおすすめ観光スポットです。日曜にコタキナバルに滞在していたら、早起きしてぜひ足を運んでください!異国の町にいる雰囲気100%です。



関連ページ

更新:2015年10月08日|公開:2013年04月10日|カテゴリ:

現在位置:ホーム > 観光旅行地 > おススメ > サンデーマーケット


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る