マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > 観光旅行地 > おススメ > シグナルヒル展望台

シグナルヒル展望台|コタキナバルの街並が一望

コタキナバルの近代的な街並が見られる「シグナルヒル展望台」を紹介します。トレッキングコースが整備され、無料で行けるおすすめ観光スポットです。

シグナルヒル展望台|コタキナバルの街並が一望

シグナルヒル展望台への行き方

コタキナバルの町は海と山に挟まれ、その山側に「シグナルヒル展望台(Signal Hill Observatory)」があります。シグナルヒル展望台への行き方は、遊歩道をトレッキング(歩いて20分)して訪れる、タクシー(片道RM15)を利用する、オプショナルツアーに参加する、の3通りがあります。


シグナルヒル展望台までトレッキング

シグナルヒル展望台|コタキナバルの街並が一望
シグナルヒル展望台へのトレッキングコースの入り口

サバ州観光局から海と反対側にシグナルヒルへの入口があります。少し分かりにくいですが、写真のような看板があるので大丈夫です。トレッキングができるようになっていて、コタキナバルでちょっと散歩をしたい、あるいは熱帯のジャングルを見てみたいという人には最適です!


熱帯のジャングルへようこそ!

シグナルヒル展望台|コタキナバルの街並が一望
熱帯雨林に囲まれた整備されている遊歩道

どうですか?熱帯のジャングルに来た感じでしょ?森の中を進んでいけば車の音も聞こえなくなり、目をつぶると鳥の声や虫の声が聞こえ、熱帯のジャングルにいるような雰囲気を味わえます。日本では見られない背の高い熱帯特有の木や植物を観察することもできます。


遊歩道がちゃんと整備されています

木製の階段や遊歩道がしっかり整備されているので、ジャングル内は快適にトレッキングをすることができます。木が覆い茂っているので、太陽の光が届かないので日中でも涼しいです。ただ、じっとりとした湿気の覆い気候なので、汗がダラダラと流れてきます。まだ涼しい早朝か夕方に散歩することをすすめます。


シグナルヒル展望台へ到着

シグナルヒルトレッキングが終わると車が走れる道路へ出て、そこから遊歩道でもう少し登っていきます。フェンスがついているので、安心して歩くことができます。5分ぐらい歩くとシグナルヒル展望台へ到着します。小さなレストランも併設しています。

この道は「コタキナバルウェットランド(Kota Kinabalu Wetland」という湿地帯へ続いていて、約27haものマングローブに遊歩道が敷かれ、目の前で野鳥やマングローブの生態を観察できます。そんなに遠くないので、時間があったら訪れてみてください。


シグナルヒル展望台からの眺め

シグナルヒル展望台|コタキナバルの街並が一望
近代的なコタキナバルの街並が見られます

シグナルヒル展望台からはコタキナバルの街並から南シナ海、「トゥンク・アブドゥル・ラーマン公園」まで一望できます。「ボルネオ島=熱帯雨林」というイメージがありますが、展望台からは発展途中の「近代的なコタキナバル」が見られ誰もが驚きます。地元の人にも人気のある写真撮影スポットで、デートするにも最適な場所として有名です。

また、近くにはベンチがたくさん並べられているので、休憩するなり夕陽をじっくり堪能するなり、ゆったりと過ごすことができます。車の音もあまり聞こえない、入場料のいらないコタキナバルのおすすめ観光スポットです!


※ 注意点

トレッキングコース内はあまり人がいないので、夕方以降訪れる場合は注意が必要です。日中でも2人以上で必ず行動するようにし、夕焼けや夜景を見たい場合はタクシーで行く方が安全です。コタキナバル市内からタクシーを利用すると片道RM15、展望台にタクシーが止まっていなければ、乗ってきたタクシーを待たせそれに乗って帰りましょう。


トレッキングコースを歩いて戻ります

コタキナバルに滞在していて、ショッピングに飽きたりちょっと運動したい人には最適な観光地です。時間のない人には「現地オプショナルツアー」に参加して訪れることもできます。長期滞在者には毎日の運動に利用できる場所です。



関連ページ

更新:2015年10月08日|公開:2013年04月08日|カテゴリ:

現在位置:ホーム > 観光旅行地 > おススメ > シグナルヒル展望台


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る