マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > 観光旅行地 > 海のレジャー > ラヤンラヤン島

ラヤンラヤン島は南シナ海に浮かぶ絶海の孤島

コタキナバルの北西にある、フィリピンとの国境に位置する南シナ海に浮かぶ絶海の孤島です。

領有権確保のため、人工的に埋め立てられた島

ラヤンラヤン島は、南シナ海に浮かぶ絶海の孤島 ラヤンラヤン島は、南シナ海に浮かぶ絶海の孤島

島の名前、「ラヤン・ラヤン」は海鳥という意味があり、その名の通りたくさんの海鳥が生息しています。

コタキナバルから北西に300km、フィリピンとの国境に位置する南シナ海に浮かぶ絶海の孤島です。政府が領有権確保のため、人工的に埋め立てられた島です。

丸い環礁の縁に造られた長さ1km、幅約300mほどの島には、マレーシアの軍事基地と宿泊施設が1軒あるだけです。

渡り鳥の保護区になっていて、カツオドリやアジサシなどといった野鳥の楽園です☆


ラヤン・ラヤン・アイランド・リゾート
(Layang Layang Island Resort)

ラヤンラヤン島は、南シナ海に浮かぶ絶海の孤島 ラヤンラヤン島は、南シナ海に浮かぶ絶海の孤島

島の桟橋のすぐ目の前にあるのが、「ラヤン・ラヤン・アイランド・リゾート」です。エアコンや冷蔵庫を備えた客室にレストランやプール、みやげ物屋などが整っています。ダイビング以外にもサイクリング、カヤック、ボートセイリングなどが楽しめます。

プールサイドでくつろいだり読書をしたり、マッサージなどの施設も充実しています。

関連ページ

≫ラヤン・ラヤン・アイランド・リゾート


ダイビングポイントと特色

ラヤンラヤン島のダイビングポイントと特色 ラヤンラヤン島のダイビングポイントと特色

島の周囲は水深1800mの深い海。環礁の外側は、垂直に切り立ったサンゴの壁で、潮の流れが非常に速いです。初心者のダイバーには向かないダイナミックな海です。

内海に2カ所、外洋に13カ所のダイビング・ポイントがあり、環礁の南西側にあるポイントではハンマーヘッドシャークの群れが見られることもあります。

グレイリーフシャークやサカタザメも多く、マンタがやってくることもあります。

外洋なので透明度もよく、魚の群れもすぐに見つけられます。11~2月のモンスーンシーズンには海が荒れることもあるので注意が必要です。乾期の4~9月ごろがベストシーズンです。


ラヤンラヤン島について

ラヤンラヤン島への行き方

コタキナバルから島へは小型機が1日1便。所要約1時間。飛行場のすぐ前がホテルです。


ラヤンラヤン島の地図

ラヤンラヤン島は南シナ海に浮かぶ島で、サバ州の北西部に位置しています。フィリピンの国境に近い場所です。


関連ページ

更新:2015年10月12日|公開:2012年09月21日|カテゴリ:海のレジャー

現在位置:ホーム > 観光旅行地 > 海のレジャー > ラヤンラヤン島


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る