マラジャボルネオ
マレーシアコタキナバルから情報発信

マレーシアボルネオ島サバ州

ホーム > 観光旅行地 > 海のレジャー > マムティック島

マムティック島でボルネオの海を満喫!

コタキナバルから近いマムティック島へ行ってみました。日帰りで参加できるオプショナルツアーもあります。サピ島、マヌカン島にも行けます。

マムティック島でボルネオの海を満喫!

5つの島からなる、コタキナバルに近い島々

コタキナバルの目と鼻の先に浮かぶ、トゥンク・アブドゥル・ラーマン公園には5つの島があります。ガヤ島、サピ島、マヌカン島、マムティク島、スルグ島からなる海洋公園です。全ての島に、コタキナバル市街地からボートで20分ほどで行くことができる、気軽に足を運べる島々です。海洋公園の5つの島は、浅瀬にきれいなサンゴ礁、見事な砂浜が特徴的です。そこで今回はマムティック島へ行ってみました。


コタキナバルの外れにある「ジェッセルトンポイント」へ

ここで島へのチケットを買います

コタキナバルのジェセルトンポイント コタキナバルのジェセルトンポイント
コタキナバルの船着き場でボートのチケットを買います

ジェッセルトンポイントは、コタキナバルの外れにある船着き場です。海を見て右のほうに歩き、スリアサバよりまだ先です。船着き場へはかなり距離があるので、涼しい時間帯に歩くようにして、島へは朝早めに行くように計画しましょう。建物内で島への往復のチケットを買います。旅行会社がいくつも並んでいますが、値段はほぼ一緒のRM30ぐらいです。ここでシュノーケルをレンタルしたり、ダイビングの予約もできます。


ボートへの乗り込んでさあ出発!

チケットを買ったら待合場所へ。チケットに時間が記載されているので、その時間までここで待ちます。私は9:30出発で3:30に戻るようにしました。行きも帰りも1時間おきにあります。ここでの注意点は案内が不親切だということです。自分の時間をしっかり確認し、係員に確認するようにして乗り遅れないようにしましょう。ボートの乗り込んだらさあ出発です!


マムティック島へ無事到着!

桟橋からのマムティック島
ボートから降りて桟橋からのマムティック島の眺め。きれいな砂浜が広がっています
マムティック島の入口 桟橋から魚が見えます
桟橋から魚が見えます

ボートから降りたら桟橋を渡って島の入口の建物へ。桟橋から下をのぞき込むと、熱帯の小魚がいっぱい泳いでいます。ここで入島料(大人RM10;子供RM6)を払って、いよいよ島への上陸です。ワクワクしますね。ちなみにマムティック島は、他のサピ島やマヌカン島より小さく人も少ないので、静かに過ごすことができるおすすめの島です。


マムティック島で思う存分遊びましょう!

きれいな砂浜が広がっています

マムティック島のきれいな砂浜
海沿いには小さいサンゴ礁がいっぱい。ここは歩くのが痛かったです。
砂浜の子供 シュノーケルや海遊び
みんなシュノーケルしたり泳いだり♪

島はきれいな砂浜が広がっていて、シュノーケリングをしたり泳いだりしてみんな楽しんでいます。島の左手は砂浜でしたが、右手は小さいサンゴ礁が海岸に打ち寄せられていて、ビーチサンダルがないと痛くて歩けないです。中国人観光客が多く、日本人は見かけませんでした。


白人にも会いました

ビーチでくつろぐ白人カップル 白人のお姉さんたち
ビーチでくつろぐ白人カップルと団体女性客もいました

もちろん浜辺でゆったりと過ごすのもアリです。左写真の白人カップルは日光浴をしていました。白人の女性観光客も見かけました。世界各国からボルネオには旅行客が集まってくるのですね。


島で注意すべきこと

クラゲに注意 サンゴを守りましょう
クラゲに注意しましょう!サンゴ礁を傷つけないように!

マムティック島にあった注意書きの掲示板です。クラゲには注意しましょうとありますが、海で泳いでいたときにちくちくしました。クラゲは透明なので注意するのが難しいですし、トゲだけが流れていることもあります。また、サンゴ礁はくれぐれも傷つけないようにしましょう!


海での過ごし方

何もしないのがセレブな過ごし方!でも...

海での過ごし方みなさんどうしてますか?海で思いっきり泳ぎ、体を思いっきり焼く!これが普通の人です。とりあえず一通りのアクティビティをし、すぐに疲れ横になって休む。また遊ぶ。この繰り返しじゃいつまでたってもセレブにはなれません!

海での理想の過ごし方はズバリ「何もしない!」。ベッカムがはしゃぎまくってたらドン引きですよね?ビーチの木陰で本を読んだり昼寝したり、これがセレブレティな過ごし方!とはいっても、ついつい遊びまくって次の日は筋肉痛で、しかも体の焼きすぎで痛い!「は〜俺って一体...」といつも反省してしまいます...


教えます!1人旅でのお金の隠し方

シートの隅を持ち上げ穴を掘る ビニールに入れて穴へ入れる
ビーチでのお金の隠し方 ビーチでのお金の隠し方
砂を戻し何もなかったように シートの隅にこっそり隠します
ビーチでのお金の隠し方 ビーチでのお金の隠し方

いかがですか?すごいでしょう!これは最近本で読んでさっそく実践した様子です。書いた人によれば、これで今までお金を盗まれたことはないそうです。大切なことは、お金はたくさん持ち歩かないようにして、ビーチへ遊びに行くということです。そしてここがポイント!あくまでこっそりとやることです。スコップまで用意して穴を掘っていたら、泥棒に気づかれてしまいますっ!?10秒で隠せるよう、日本で特訓してから現地で試しましょう!


島でマレーシア料理を堪能したい!

マレーシア料理です 油で揚げたカニ
油で揚げたカニ、うまそう!

ツアーを申し込むとBBQが含まれています。ビュフェスタイルの食べ放題です。バーベキューの写真はありませんが、魚を焼いたりエビを焼いたりしています。島で直接申し込むことができ、料金はRM50です。かなり高いですが、おいしいマレーシア料理がいっぱい用意されているので、お腹いっぱい満足することができるでしょう。今回私はコタキナバルの朝一(ガヤストリート)で買った、ミーゴレンとナシゴレンを持参して砂浜で食べました。


レストランもあります

マムティック島のレストラン マムティック島のレストラン
マムティック島のレストラン

バーベキューの料金は高いからもったいないし、コタキナバルの町から食事を持ってくるのを忘れた人も大丈夫!普通のレストランとほぼ同じ値段で食べられるレストランもあります。ご安心を!


島でもシュノーケルやマスクが借りられます

貸出し料金表 小さなお店もあります
道具の貸出し料金表です。ここで水やジュースも買えます

ジェッセルトンポイントでスノーケル用品を借りるのを忘れても、マムティック島でレンタルすることもできます。急にスノーケリングしたくなっても大丈夫です。マスクもありますが、度入りなのかどうかまでは確認していません。


シャワーやトイレもちゃんとあります

トイレ前のシャワー 島のトイレ
マムティック島のシャワーとトイレ

マムティック島にはちゃんとトイレとシャワーがあります。シャワーは何カ所かあり、出てくる水は海水を濾過した水で、少ししょっぱかったです。特に女性の方は髪の毛が大変なことになるので、シャンプーを忘れずに持参しましょう。また、トイレがちゃんとありますので、くれぐれも海で用を足さないようにしてください。


ジャングルトレッキングに挑戦!

マムティック島のトレイル 熱帯特有の絞め殺しの木
マムティック島のトレイルです

島内にはちょっとしたジャングルトレッキングをすることができます。1周20分ほどですが、写真のような熱帯特有の木を見ることができます。左写真は「板根(ばんこん)」といって、熱帯は雨が多く表土がすぐに流されてしまうので、こうやって根を横に延ばして栄養を吸収します。右写真は「絞め殺しの木」といって、イチジクの一種で元の木にからみついて枯らしてしまい、そこへ自分の空間を作り生長する恐ろしい木です。熱帯雨林と特有の現象です。


凶暴なトカゲに遭遇!?

マムティック島のトカゲ マムティック島のトカゲ
マムティック島のトカゲです

ラッキーなことに大トカゲに出会いました!とはいっても、残念ながら写真には納めることができませんでした。トレイルを歩いているときに、体長2mくらいある巨大な大トカゲに遭遇!あわてて音をたててしまい、トカゲはささっと逃げてしまいました。写真は島にいた子供のトカゲです。かわいいですね☆


マムティック島について

マムティック島への行き方

マムティック島へはコタキナバル市からボートで約15~20分ほどで行くことができます。


マムティック島の地図

マムティック島は南シナ海に浮かぶ島で、サバ州コタキナバルの北西部に位置しています。トゥンクアブドゥルラーマン海洋公園を構成する5つ島のひとつです。


関連ページ

更新:2015年10月12日|公開:2013年03月25日|カテゴリ:海のレジャー

現在位置:ホーム > 観光旅行地 > 海のレジャー > マムティック島


このページを読んだ人にお勧めの記事


ブログの新着記事


ページ上部へ戻る