マラジャボルネオ
From Malaysia.

ホーム > ブログ > マレーシア人と国際結婚

マレーシア人と国際結婚|サバ州での婚姻手続きを案内

マレーシア人との国際結婚の手続きを案内します。特にボルネオ島サバ州での事例です。順番に婚姻の手続きをやっていけば、難しいことはありません!

マレーシア人と国際結婚|サバ州での婚姻手続きを案内

マレーシアはイスラム教の国ですが、非イスラム教徒(キリスト教や中国系)との結婚もやり方も大して変わりません。


日本から持っていく書類

日本から持って行く必要書類は戸籍謄本あるいは戸籍抄本のみです。マレーシアでの婚姻手続きには1通あれば大丈夫です。(婚姻用件具備証明の取得するため。)結婚成立後、日本へ婚姻届を提出する場合は、現地で手続きするためもう2通必要となります。

  • 戸籍謄本か抄本:1通あるいは3通(※初婚者は抄本、再婚者は謄本が必要)

婚姻用件具備証明(独身証明書)を取得する

在コタキナバル出張駐在官事務所の入り口
在コタキナバル出張駐在官事務所の入り口です

タンジュンアルビーチ近くにある「在コタキナバル出張駐在官事務所」で婚姻用件具備証明を取得します。翌日発行してくれます。場所が分かりにくいので、以下のページを参照してください。

必要なもの

  • 証明発給申請書(駐在所にあります)
  • 戸籍謄本か抄本(3ヶ月以内に発行された可能な限り新しいもの)
  • 自分のパスポート
  • 相手のIC(身分証明書)(※婚姻相手がマレーシア人以外の外国人の場合は旅券)
  • 手数料:RM45

婚姻用件具備証明にマレーシア外務省の認証を得る

コタキナバルのミニプトラジャヤ
サバ大学に近くにあります
コタキナバルのミニプトラジャヤ
とてもきれいな建物です

サバ大学の近くの通称「ミニプトラジャヤ」にある外務省(Ministry of Foreign Affairs)で、駐在所で発行してもらった婚姻用件具備証明に認証スタンプを押してもらいます。ブロックAの7階にあります。

この建物には省庁がたくさん集まっているので、コタキナバルに住む際は必ずお世話になる場所です。入国管理局も入っています。

必要なもの

  • 婚姻用件具備証明(独身証明書)
  • 手数料:RM10

JPNで婚姻届をもらう

コタキナバルのJPN
JPNの様子

上記の建物の中にJPN(Jabatan Pendaftaran Negara)があり、婚姻届をもらってきます。ここで色々な情報を職員に聞きましょう!親切に対応してくれます。


クアラルンプールのJPNへ書類を送る

この手続きがとても大切です!コタキナバルのJPNは地方行政なので、本拠地のクアラルンプールJPNでの認証を受ける必要があります。必要書類を封筒に入れ郵送で送ります。その際、「認証の書類が欲しい」と紙に書いて入れておきましょう。書類が届くまで2~3週間かかります。

実際クアラルンプールのプトラジャヤにあるJPNへ行けば、即日発行してくれます。飛行機代がかかりますが、急いでいる人は直接足を運んでください。

必要なもの

  • 認証書類が欲しいとする旨を書いた紙
  • 婚姻用件具備証明書
  • 戸籍謄本
  • 自分のパスポートのコピー
  • 相手のICのコピー
  • 手数料:いりません(郵送料のみ)

裁判所へ行って認証を得る

コタキナバルの裁判所
コタキナバル中心地にある裁判所です

婚姻届をすべて書き込んで、裁判所で認証のスタンプを婚姻届に押してもらいます。すべての書類がそろっていれば、すぐに終わります。結婚する2人一緒に行きましょう。

必要なもの

  • 婚姻届(全部書き込むこと、写真も貼付けます)
  • 本拠地JPNからの書類
  • 婚姻用件具備証明書
  • 戸籍謄本
  • 自分のパスポート
  • 相手のIC
  • 手数料:RM10

婚姻届を提出する

JPNへ婚姻届を提出する
ミニプトラジャヤのブロックAの4階です

上記のミニプトラジャヤへ行き、婚姻届と集まった書類をJPNへ提出します。ブロックAの4階です。

ここで面白いのが、この結婚に異議を唱える人がいないか確認する為、婚姻届が21日間役所に貼り出されることです。もし早く手続きして欲しい場合は、RM100を払えば1週間で手続きをしてくれます。

必要なもの

  • 婚姻届(全部書き込むこと、写真も貼付けます)
  • 本拠地JPNからの書類
  • 婚姻用件具備証明書
  • 戸籍謄本
  • 自分のパスポートのコピー
  • 相手のICのコピー

セレモニーをJPNで行う

婚姻届の手続きがJPNの方で完了すると、電話がありますのでJPNへ行きます。その時、新郎新婦に対して1人ずつ証人を連れて行かなければなりません。家族でもいいですし、友人でも構いません。夫婦になることの宣誓をし、結婚証明書にサインをします。そして夫婦それぞれ1通ずつ結婚証明書がもらえます。おめでとうございます!

必要なもの

  • 証人:2人(新郎新婦1人ずつ)
  • 手数料:RM20(エクスプレスの場合別途RM100が必要)

イスラム教徒と結婚するには?

以上がマレーシア人との国際結婚の手続きです。イスラム教徒の人と結婚する場合は、イスラム教に従った宣誓をし、イスラム教へ改宗しなければなりません。私たち日本人には何てことありませんが、現地人同士が結婚する場合少し複雑です。

マレーシアはイスラム教の国なので、現地のキリスト教徒がイスラム教へ改宗した場合、もう二度とキリスト教徒には戻れません。マレーシア人同士が結婚する場合、宗教がかなり重要となり、恋愛の段階から相手の宗教を見て交際するかどうか決めます。当人同士が良くてもいざ結婚するとなったら家族が出てきて、面倒なことに発展するのです。マレーシアも含め外国では、日本と違って宗教が何よりも重要だということです。

それでは、また。


関連ページ

作成:2013年09月09日|カテゴリ:ブログ|タグ:生活

現在位置:ホーム > ブログ > マレーシア人と国際結婚


ブログの新着記事



ページ上部へ戻る