マラジャボルネオ
From Malaysia.

ホーム > ブログ > バタフライファームの標本室

バタフライファームの標本室@ポーリン温泉|美しい蝶と昆虫

ボルネオ島サバ州の人気観光地「ポーリン温泉|Poring- Hot Spring」に「バタフライファーム」はあります。標本室にはさまざまな昆虫の標本があり、美しい蝶、カブトムシ、クワガタ虫も展示してあります。

バタフライファームの標本室@ポーリン温泉|美しい蝶と昆虫

バタフライファームへの行き方

バタフライファームの標本室@ポーリン温泉|美しい蝶と昆虫
バタフライファームに入り口

ポーリン温泉へ入場し共同温泉浴場を抜け、少し歩くと正面に見えてきます。入り口で入園料を支払います。

Butterfly Farmの詳細

  • 開園時間:AM9:00~PM4:00
  • 大人:RM4
  • 17歳以下:RM2
  • 定休日:月曜日

ポーリンバタフライファームとは?

正式名称は「The Poring Butterfly Farm」で1989年に作られました。このファームの目的は、蝶を通して環境問題について学んだり、エコツーリズムに貢献しようというものです。大きく4つの施設に分かれていて、展示室、ネットで囲まれた施設、繁殖室、幼虫を育てる場所で、展示室とネットで囲まれた施設のみ見学できます。繁殖室と幼虫を育てる場所は研究目的のみで、一般客は入る事ができません。


展示室の様子

バタフライファームの標本室@ポーリン温泉|美しい蝶と昆虫
色んな展示物があります

ショールームと書かれた小屋に入ると、エアコンが効いていてひんやり気持ちがいいです。扉はありませんが2部屋に分かれていて、手前の部屋には蝶の標本箱、奥の部屋にはカブトムシやクワガタなどの昆虫の標本があります。壁には蝶に関する資料が展示してあります。


バタフライファーム一番の見どころ

美しい蝶の標本

バタフライファームの標本室@ポーリン温泉|美しい蝶と昆虫
ボルネオ島を代表する蝶

展示室には蝶の標本箱が圧倒的に多く、ボルネオ島の珍しく美しい蝶がたくさん並んでいます。マレーシアの国蝶は「アカエリトリバネアゲハ|Trogonoptera brookiana」で、上の写真の緑の帯が入った大型の蝶です。黄色い羽を持つ蝶は「アンフリサスキシタアゲハとヘレナキシタアゲハ」で、こちらも魅力的で美しい大型の蝶です。


擬態する蝶たち

バタフライファームの標本室@ポーリン温泉|美しい蝶と昆虫
枯れ葉に擬態する蝶

写真は「コノハチョウ」と呼ばれ表側は普通の蝶に見えますが、裏側の羽を閉じると何と「木の葉」に見えます!このように擬態する蝶は多く、天敵の鳥に襲われないよう長い時間をかけて進化してきたのです。とても面白いですね★


ボルネオ島には950種類の蝶

バタフライファームの標本室@ポーリン温泉|美しい蝶と昆虫

ボルネオ島は熱帯地方に位置するので蝶の数が多く、日本の約4倍950種類近くの蝶が確認されています。蝶と蛾の大きな違いは3つあり、色と頭の触覚と活動時間です。蝶の方が色がカラフルで、主に昼間太陽が出ている時間帯に活動します。蛾の触角はブラシのようになっているのが特徴です。また蝶のライフサイクルや卵、幼虫、さなぎの詳しい説明も展示してあります。


その他のみどころ

男の子に人気のカブトムシ

バタフライファームの標本室@ポーリン温泉|美しい蝶と昆虫
3本ツノのカブトムシ
バタフライファームの標本室@ポーリン温泉|美しい蝶と昆虫
背中が茶色いクワガタムシ

ボルネオ島で見られるカブトムシやクワガタムシの標本もあります。男の子が見たら悲鳴をあげてしまいますね★カブトムシは「アトラスオオカブト」、クワガタムシは「ツヤクワガタ」などと呼ばれています(あまり詳しくない…)。ヘラクレスオオカブトに匹敵する大型の「コーカサスオオカブト」は残念ながらボルネオ島には生息していなく、マレー半島の方では見る事ができます。


見た事もない昆虫がいっぱい!

バタフライファームの標本室@ポーリン温泉|美しい蝶と昆虫
甲虫をまとめた標本

蝶とカブトムシ以外の甲虫の標本もあり、今まで見た事もないような昆虫がたくさんいてビックリしました。写真右下の昆虫はバイオリンのような形をしている、名前もズバリ「バイオリンムシ」です。その他はセミ、カメムシ、ナナフシ、カミキリムシ、タマムシ、サソリなんかの標本もありました。


昆虫好きにはたまらない!

キナバル公園にも昆虫の標本は置いてありますが、ポーリン温泉のバタフライファームのほうが圧倒的に量が多いです。「キパンディバタフライパーク|Kipandi Butterfly Park」という場所もあり、そちらは夜ライトトラップで昆虫を集めるツアーが面白いです。


ポーリン温泉への行き方

コタキナバルから126km、車で約3時間の場所に「ポーリン温泉|Poring Hot Spring」があります。サンダカンへと向かう幹線道路を走り、キナバル公園、ラナウの町を越えて坂道を上りきったY字を左方面へ。ずっと走りT字の突き当たりを左折し、少し走った行き止まりの左手にあります。キナバル公園からは約1時間、ラナウの町からは18kmで20分。

Poring Hot Spring Nature Reserveの詳細

  • 開園時間:AM7:00~PM6:00
  • 大人:RM15
  • 17歳以下:RM10
  • 6歳以下:無料

Poring Hot Spring Nature Reserveの地図


生きた蝶が飛んでいる!

生きた蝶を放し飼いにしている施設もあり、この展示室を抜けた場所にあります。太陽が出ている時間帯に行くのがベストで、雨が降ったり曇ったりしていると蝶はあまり飛んでいません。下の関連ページを合わせてご覧下さい!


≫ポーリン温泉を訪れる「現地オプショナルツアー」はこちらへ icon

それでは、また。


関連ページ

更新:2016年04月17日|公開:2014年12月12日|カテゴリ:ブログ|タグ:旅行

現在位置:ホーム > ブログ > バタフライファームの標本室


ブログの新着記事



ページ上部へ戻る