マラジャボルネオ
From Malaysia.

ホーム > ブログ > ビジターセンター

ビジターセンター@キナバル公園|レストラン、展示場、ロッジなど

キナバル公園内にある「ビジターセンター|Visitor Center」には、レストラン、宿泊施設のロッジ、展示場、ビデオショー、お土産屋さんがあります。公園本部から少し離れています。

ビジターセンター@キナバル公園|レストラン、展示場、ロッジなど

ビジターセンターへの行き方

キナバル公園のレセプションオフィスから歩いて30分、車で5分の場所に「ビジターセンター|Visitor Center」という建物があります。建物内右側に「リワグレストラン|Liwagu Restaurant」があり、その他お土産屋さんや宿泊施設、展示場などが入っています。


サバパーク展示場は無料!

ビジターセンター@キナバル公園|レストラン、展示場、ロッジなど
ようこそ!サバ・パーク展示場へ!
ビジターセンター@キナバル公園|レストラン、展示場、ロッジなど
哺乳類の剥製

サバパーク展示場は無料で入れる展示場で、サバパークに関する資料が数多く展示されています。展示場で一番目につくのが動物の剥製。リスやツパイなどの剥製がガラスケースに展示してあります。すぐ近くに昆虫の標本もあり、日本では決して見られないナナフシやバイオリンムシが飾ってあります。


「リワグレストラン|Liwagu Restaurant」について

ビジターセンター@キナバル公園|レストラン、展示場、ロッジなど
レストラン内の様子

リワグレストランはメニューから1品1品注文するアラカルトスタイルで、公園内にあるもう1つのバルサムブッフェレストランとは異なります。値段は1品RM15~です。席も店内席と外のテラス席があり、静かな森に囲まれたテラス席で食事をする事をお勧めします★

レストラン情報
  • 営業時間:AM8:00~PM10:00
  • 定休日:なし
  • 予算:1人RM15~

The Goodie Bag Shopのお土産屋さん

ビジターセンター@キナバル公園|レストラン、展示場、ロッジなど
The Goodie Bag Shop

ビジターセンター内にある「グッディーバッグショップ|The Goodie Bag Shop」はキナバル公園内の売店で一番品揃えが豊富で、見ているだけでも楽しいおすすめの売店です。定休日無しで営業時間はAM7:00~PM10:00。登山用品も少し置いてあり、防寒着となる長袖長ズボン、ニット帽なども置いてありました。キナバル登山を目的としている人で買い忘れたものがあれば、このお店に来れば最低限のものはそろえられます。


ビデオショーがあります

ビジターセンター@キナバル公園|レストラン、展示場、ロッジなど
ビデオショーの時間

ビジターセンターの地下ではビデオショーがやっているようですが、いつも時間が合わずまだ見たことはありません。毎日午後2時からビデオショーが始まり、週末は夜7時半からもあるようです。「Daily Request」とありますが、大人数だったら特別にビデオを見せてくれる?ということでしょうか。今度調べてきます。

ビデオショーの詳細
  • 上映場所:地下のミニシアター
  • 毎日:PM2:00
  • 週末:PM7:30
  • リクエスト:AM9:00~PM4:00

リワグスイートロッジの宿泊施設

ビジターセンターを入って左側には、「リワグスイート|Liwagu Suite」という宿泊施設があります。まだ泊まった事はありませんが、山小屋風ロッジで木のぬくもりたっぷりです!

Liwagu Suiteの詳細
  • 宿泊料金:1泊RM844(朝食付き)
  • ロッジ数:4部屋
  • 宿泊可能人数:1部屋2人
  • 設備:1バスルーム、2トイレ、リビングエリア、ヒーターシャワー、テレビ(ASTRO)

キナバル公園への行き方

コタキナバルから88km、車で約2時間の場所に「キナバル公園|Kinabalu Park」があります。サンダカンやラナウへ向かう幹線道路沿い左手にあり、標高は1500mを越えてかなり涼しい場所です。マレーシア最高峰のキナバル山4095mを有する754km2の広大な敷地で、2000年にユネスコ世界自然遺産にも登録されています。

入園料

  • 大人:RM15
  • 18歳以下:RM10

Kinabalu Parkの地図

Must Visit!行かなきゃ損!

キナバル公園本部からは少し遠いですが、公園内は標高が高く涼しいので気持ちよく歩いて行けます。このビジターセンターを中心に公園内を散策するのがおすすめで、朝早く公園を訪れ、昼食をここで食べ、夕方帰るのがベストです。山の天気は変わりやすく、午後から天気が崩れる事が多いので雨具をお忘れなく!


≫キナバル公園を訪れる「現地オプショナルツアー」はこちらへ icon

それでは、また。


関連ページ

更新:2015年09月09日|公開:2014年12月10日|カテゴリ:ブログ|タグ:旅行

現在位置:ホーム > ブログ > ビジターセンター


ブログの新着記事



ページ上部へ戻る