マラジャボルネオ
From Malaysia.

ホーム > ブログ > 旅の指さし会話帳

マレーシア語は「旅の指さし会話帳」でマスターしろ!定価1512円

マレー語を勉強したいけど、どの会話帳を選んでいいか分かりませんよね?今ではマレー語ペラペ~ラの僕が推薦するのは「旅の指さし会話帳」です。大きさもちょうど良し!

マレーシア語は「旅の指さし会話帳」でマスターしろ!定価1512円

アマゾンで買えます!


なぜこの本を選んだの?

マレーシアに旅行へ来てからもう10年以上経ちますが、今まで買ったマレー語の会話帳はこれのみ!古いバージョンは友人にあげてしまって、今は新しい上写真の会話帳を使っています。購入した理由は忘れましたが、「一目惚れしてしまった!」と言った方が的確だと思います。


旅の指さし会話帳の特徴

カラフルで楽しい!

一番の特徴はカラフルで、かわいい絵でマレー語が紹介されていることです。パラパラとページをめくるだけでその面白さが一目で分かり、「これだったら私も覚えられそう!」とワクワクしてしまいます。


カテゴリーに分かれている

まずは基本的な「あいさつ」から「ホテル」「乗り物」「時間と時計」「月日と年月」「食事」「料理と食材」「病気・体」など想定されるシチュエーションごとにカテゴリー分けされていて、非常に分かりやすいです。「ひとの性格」「動詞・形容詞」のページはお気に入りで、マレーシア人と一緒に見ていると必ず笑いが取れます!


マレーシア語の文法も

マレー語にも文法はありますが、それを意識して覚えたことはありません。後ろの方に「マレーシア語の文法」が載っているので、軽く目を通しておけばいいと思います。まずは慣れることからです。文法を気にしすぎると覚えるのが面倒になってしまいます。


巻末に単語集(辞書代わりになる)

会話帳の巻末には約40ページに渡って「日本語→マレーシア語」と「マレーシア語→日本語」の単語帳があり、簡単に単語を調べることができます。私は日常会話程度なら話せるようになったので、本1冊は重いのでこの単語帳をコピーして持ち歩いています。


マレー語の「あいさつ」紹介

  • ありがとう:Terima kasih|テリマ カシ
  • おはよう:Selamat Pagi|スラマット パギ
  • こんにちは:Hello or Selamat Petang|スラマット プタン
  • さようなら:Bye or Jumpa Lagi|ジュンパ ラギ(また会いましょうの意味)

旅の指さし会話帳の使い方

会話帳の巻頭にも使い方が丁寧に書いてあります。

指さしながら発音する

「旅の指さし会話帳」という本のタイトルからも分かる通り、指さしながら使うのが目的です。レストランやホテルなどでマレーシア人がいたらこの本を広げ、自分の伝えたいことを指さしながら発音します。そうすると相手も興味を持って本をのぞき、そこで会話が生まれるという仕組みです。ナイスなアイデアです★


言葉を組み合わせる

例えばレストランへ行き、コーヒーを注文したいとします。「I want a cup of coffee.」と英語で話してしまったらダメ!「飲物・果物」のページを開き「saya nak minum Kopi.」とページ内にある文章と単語を組み合わせて発音しましょう。恥ずかしからずに店員に話しかけ、間違っていたら笑われてそこでコミニュケーションが生まれ、間違いを訂正してくれます。勇気を出しましょう!


発音は大きな声で!

コーヒーや食べ物を注文し、美味しかったら素直に「Sedap(美味しいというマレー語)」と大きな声で伝えましょう!コツは店員に興味を持ってもらい、そこでコミュニケーションが生まれることで、色んな言葉を覚えようという意欲がわいて来ることです。それが始めの一歩!


ボロボロになるまで使えますか?

表紙が擦り切れ、ページにはたくさんの書き込みがされ、所々ページが破れている…そこまで使い込んだら、あなたも必ずマレー語を話せるようになっています。楽しく覚えてたくさんの友達を作りましょう!

それでは、また。


関連ページ

更新:2016年04月16日|公開:2014年11月20日|カテゴリ:ブログ|タグ:旅行

現在位置:ホーム > ブログ > 旅の指さし会話帳


ブログの新着記事



ページ上部へ戻る