マラジャボルネオ
From Malaysia.

ホーム > ブログ > かわいい三毛猫が!

かわいい三毛猫がヤモリを!生き物は残酷なのか?

ボルネオ島の村で見た子猫の観察記録です。野生の猫ではありませんが、あまりの獰猛さに言葉を失ってしまいました。

かわいい三毛猫がヤモリを!生き物は残酷なのか?

ボルネオの村での出来事

生後五ヶ月の子猫ちゃんの残酷な姿を見てしまいました!あまりにショックングだったので記事にしてみました。かわいい猫なのでいつも抱っこして可愛がっていたのに、かなりガッカリしてしまいました。


子猫ちゃんが豹変?

ふと台所で座っていたら、子猫ちゃんがヤモリと遊んでいました。最初ヤモリはしっぽを切って逃げようとしましたが、逃げ切れず猫に捕まってしまいます。しっぽは5分ぐらい、まるで犬がしっぽを振るみたいに動いていました。ヤモリは息を潜めてじっとしていて、しっぽの方に注意を向けさせようとしましたが、全く効果がありません。

猫はツメでひっかくようにヤモリを転がしたり、口にくわえて噛んだりしていたぶります。飛び蹴りを加えたりもしていました。私も最初は冗談でやっているのかと思っていたのですが、そのうちヤモリの前足がとれ、後ろ足がとれ…時々猫の目を盗んで逃げようと試みていましたが、最後には力尽きました…


楽しんだところでクライマックス...

10分ぐらいいたぶったところで、こんどは口にくわえてバリバリと音を立てて、きれいさっぱり食べてしまいました!しっぽは食べ残して、ずっと観察していて唖然とする私を残して向こうへ行ってしまいました。


生き物は残酷なものなのか?

おそらくどこの猫も人間が見ていないところでは、こんなことを絶対やっています。カワイイ子ネコちゃんでも侮ってはいけません!

人間の世界でも残酷なことは今だにたくさんあります。サウジアラビアでは公開処刑を一般市民が娯楽のように楽しんでいますし、スペインの闘牛も最後には牛を殺してしまいます。昔のヨーロッパではかなり残酷な拷問道具があり、罪人や捕虜などを長時間拷問にかけてから処刑したりしていました。


ここボルネオにも首狩りの風習が!

ここボルネオでも戦前までは、首狩りの儀式が多く残っていました。例えば結婚をするために、男は自分の勇気を女の親に見せるため、首を持ち帰って結婚の承諾を得ていました。


生き物は残酷なものだ!

今まで日本では見たこともないような子猫の姿を見て、ただ思ったことを記事にしてみました。本能的に生き物は「残酷な事を楽しむのが好き」だということが、DNAの中に刻み込まれているのかもしれません。

それでは、また。


関連ページ

更新:2015年12月18日|公開:2014年02月04日|カテゴリ:ブログ|タグ:生活

現在位置:ホーム > ブログ > かわいい三毛猫が!


ブログの新着記事



ページ上部へ戻る