マラジャボルネオ
From Malaysia.

ホーム > ブログ > ココナッツ

ココナッツは栄養満点の果物!ヤシの木は南国の風景に欠かせない

ココナッツは熱帯を代表する果物。市場では1個RM3で売られていて、その場で飲むことができます。料理にも欠かせないココナッツ。ヤシの木は写真を撮る時には欠かせない素材です。

写真の題材に最適!

ボルネオ島コタキナバルのリゾートホテル
リゾートホテルにあったヤシの木と夕焼け!

南国と言えば「ヤシの木」を連想する人がいると思います。ここボルネオ島のコタキナバルでは、中心地から北へ向かう道路の中央分離帯にヤシの木が植えられていて、車で走っていると南国気分に浸れます。こうしたヤシ並木は熱帯アジア各地でありふれた風景となっています。上の写真は夕焼けをバックにしたヤシの木です。素晴らしいでしょ?このヤシの木になるのがココナッツです。


ココナッツとは?

マレーシアコタキナバルの市場で見つけた山のようなココナッツの実
マレーシアコタキナバルの市場で見つけた山のようなココナッツの実

様々な用途に使われる

英語で「ココナッツ(Coconut)」、マレー語で「クラパ(Kelapa)」と言います。ヤシの木の実がココナッツで、バナナと同様たくさんの用途に使えるとても便利な果物です。若いココナッツの果肉は生で食べられるし、熟したココナッツは削り取ってケーキやデザートに使われます。また、水と一緒に煮込んでココナッツミルクにしたものは、熱帯地域特有の料理に多く使われますが、残念なことにカロリーが高いです。


食用油やお酒にもなる

熟した果肉からは料理油を作ることができますし、花はアルコール飲料の原料となる樹液まで作ります。まだマレーシアではお目にかかったことはありませんが、ココナッツカクテルは美味しい★また、この樹液を数ヶ月発酵させるとココナッツ酢ができ、ココナッツの樹液を煮詰めて、黄金色のココナッツ糖というものも作られています。


ナシレマに使われる

マレーシア料理で朝ご飯の定番メニュー「ナシレマ(Nasi Lemak)」は、米を水で炊くのではなくココナッツミルクを使って炊きます。私の大好物で、レストランで朝食を食べるときよく注文します。お皿の中央にこのご飯を置き、周囲におかずのゆで卵や小魚、キュウリ、サンバル(唐辛子の和え物)などをのせて食べます。


健康に良い飲み物

ボルネオコタキナバルの市場で並べられているココナッツ
コタキナバルの市場で並べられているココナッツ
ココナッツは無菌水で栄養がたっぷり
ココナッツは無菌水で栄養がたっぷり

未熟なココナッツは外側が緑色か黄色で、清涼飲料水の原料になる、かすかに甘い水で満たされています。このココナッツ水は無菌で栄養素が高いので、病人にとっては理想的な飲み物です!


ゼリーの食べ方

内側にはスプーンですくえるゼリーのような果肉があり、これもまた美味しいです。屋台でココナッツを買うとその場で飲めるように、手早くカットしてくれます。液体は約500mlぐらいあり、1人では飲みきれないくらいです。ストローで中の果肉と一緒にちゅるちゅる飲むのが「通の飲み方」です!


熟したココナッツの使い方

熟したものは、硬い繊維質の皮がついたままで売られています。熟したココナッツの果肉は硬いので、マレーシアではこれを厚切りにして果物として食べることはありませんが、削り取ってココナッツミルクにしたり、さまざまな料理に加えたりしています。

また、熟したココナッツの中の液体は、練った粉を発酵させるために使われることもありますが、これを生で飲むことは体に悪いと多くの人は考えています。


風邪をひいたら飲んでます

マレーシアは一年中暑い常夏の国、風邪をひくと夏風邪のようで厄介です。そんな時好んで飲むのがココナッツジュース。市場で飲んだり家に持ち帰って飲んでいます。実は重いので、中身だけを袋に入れて持たせてくれます。

それでは、また。


関連ページ

更新:2015年10月07日|公開:2014年02月24日|カテゴリ:ブログ|タグ:食べ物

現在位置:ホーム > ブログ > ココナッツ


ブログの新着記事



ページ上部へ戻る