【コタキナバル】おすすめビーチと行き方は?🤔【透明度抜群の素晴らしい海ありますよ!】

最終更新日:2019.08.19.

サピ島にある桟橋とボート透明度が高く透き通っている海

やっぱり海が好き!


美人旅行者

ボルネオ島にあるコタキナバルを旅行先に選んだんだけど、海の透明度が良くてきれいなビーチはありますか?


と疑問を抱えている「コタキナバル旅行者の悩みが解決」できる記事になっています。

なぜなら、コタキナバルのきれいなおすすめビーチを紹介しているからです。

この記事のポイントは次の4つです。


記事を読み終えると、あなたは「コタキナバルにあるきれいなビーチ」が分かり、どのビーチへ行けばいいか悩むことは一切なくなっているはずです。


この記事を書いている僕は、コタキナバルを初めて訪れたのが2001年、好きになり移住して8年ほど。コタキナバル周辺のいろいろなビーチに合計100回以上訪れています


【コタキナバル】おすすめビーチと行き方は?🤔【透明度抜群の素晴らしい海ありますよ!】

コタキナバルはリゾートシティ

透明度が高い海が多い理由は、マレーシアは観光業が盛んなため、政府が一丸となって海の保全に努めているからです

特にコタキナバルは、ボルネオ島という世界有数の熱帯雨林に位置するという好条件が重なり、リゾートシティを目指して観光業に力を入れています。

コタキナバルの町からボートで20分の場所にある島々は、国立海洋公園に指定されています。また、官民一体となって、ビーチのゴミ拾いなどの掃除も頻繁に行っています。


夕焼けが美しいコタキナバル

コタキナバル国際空港は海のすぐ近くにあり、コタキナバル中心地の海沿いはほとんどが埋め立て地です。毎日美しい夕日が見られる事でも有名で、世界中から観光客が集まってきているホットな観光地です。

コタキナバルにはきれいなビーチがたくさんありますので、詳しく紹介していきます。



おすすめビーチ紹介

海の透明度が高くきれいなビーチ!

サピ島のビーチで飛び跳ねる女性たち
おすすめのビーチ

5つの島からなる国立海洋公園

コタキナバル付近には、いくつか透明度が良いビーチがあります。

簡単に行けて満足できるビーチがあるのは、コタキナバルから目と鼻の先にあるトゥンク・アブドゥル・ラーマン公園(Tunku Abdul Rahman Park)という5つの島からなる国立海洋公園です。

観光客が日帰りで行けてビーチがきれいなのは、国立海洋公園内のサピ島(Sapi island)、マヌカン島(Manukan Island)、マムティック島(Mamutik Island)、ガヤ島(Gaya Island)の4つです。誰もがイメージする南国のビーチといえば「白い砂浜、照りつける太陽、真っ青な海」でしょう。ここにはすべてそろってます。


現地オプショナルツアー、あるいは個人で船着場から行けます。行き方はあとで↓↓↓(透明度の高い海への行き方)詳しく説明します。


海の透明度が低いが夕焼けはきれいなビーチ

タンジュンアルビーチから見た夕焼け
夕焼けがきれいなビーチ

コタキナバル周辺で海の透明度が低いですが、夕焼けはきれいなビーチは2つあります。

コタキナバル中心地から南に位置する「タンジュンアルビーチ」と、コタキナバル中心地から北へ伸びる「タンジュンリパットビーチ」です。両方とも地元の人々でにぎわっています。


1.タンジュンアルビーチ

「タンジュンアルビーチ」は海の透明度はまあまあですが、上記の国立海洋公園ほど透明度はありません。

ただ夕焼けを見るのは絶好のビーチで、世界でも有数の絶景スポットとして紹介されています。タンジュンアルビーチは遠浅な海なので、泳ぐのはあまり向きません。


2.タンジュンリパットビーチ

「タンジュンリパットビーチ」は海の透明度が低く、ビーチもあまりきれいではありません。

ただ夕焼けを見るのは絶好のビーチなので、海で泳ぐのが目的でなければ問題ありません。コタキナバルの町から近いので、気軽に行けるのがうれしいです。


ビーチへ行くベストシーズンは?

ベストシーズンは運任せ?

コタキナバルは赤道直下に位置するボルネオ島にあり、赤道に近いほど雨期と乾期の区別が少なくなります。
そのため、ベストシーズンを断言するのは難しいです。

いちおう、コタキナバルの乾期は1~4月、雨期は5~12月とされています。しかし僕はコタキナバルに住んで8年ですが、いまだにはっきりとした区別は分かりません。


ベストタイムは午前中!

ベストシーズンを決めるのは難しいですが、ベストタイムを決めるのは簡単。

ズバリ「午前中が勝負!」です。

日本の夏でも経験があると思いますが、日中の温度が上がった日は夕立が来るものですよね。それと一緒で、コタキナバルも午後から夕方にかけて天気が悪くなる傾向にあります。もちろん毎日ではありませんが...


透明度の高い海への行き方

※ここでは上記の国立海洋公園(サピ島、マヌカン島、マムティック島、ガヤ島)への行き方を解説します

個人で格安で行きたい

お金をかけずに個人旅行で国立海洋公園へ行きたい人は、朝早めに行くよう計画しましょう。午後は急に雨が降る可能性があるからです。

まず、コタキナバル中心地の北にあるジェッセルトンポイント(Jesselton Point)へ行きます。コタキナバル市内のホテルからは歩いて行けます。市街のホテルからは、タクシーか配車サービスGrabを使いましょう。

ジェッセルトンポイントにある建物内には、旅行会社のツアーデスクがたくさん並んでいます。そこで島(サピ島、マヌカン島、マムティック島、ガヤ島)への往復のチケットを買います。値段はどこのツアーデスクでもほとんど一緒です。

ここでシュノーケルをレンタルしたり、バナナボートやパラセーリング、ダイビングの予約もできます。


案内が不親切!

日本と違い、マレーシアの旅行会社スタッフは丁寧に案内してくれません!

時間がいい加減なので、自分でしっかり時間を確認し、その時間にボート付近にいないと、置いていかれる可能性もあるので注意してください。

また島から帰るときも、約束の時間に桟橋近くにいないと、置いていかれる可能性があります。十分注意してください。


現地オプショナルツアーで楽に行きたい

簡単でいい思い出を作りたいなら、やっぱり現地オプショナルツアーに参加することです。


ツアーのデメリット

個人で行くよりも当然お金がかかります。

また、ツアー当日に突然雨が降った場合でも、小雨ならツアーは催行されます。もちろんキャンセルできますが、キャンセル料がかかってしまいます。


ツアーのメリット

ツアーに参加する1番のメリットは、日本語ガイドさんがいることです。

ガイドさんがビーチの楽しみ方や注意の仕方、マリンスポーツやアクティビティなどを紹介してくれます。また荷物番をしてくれるのでビーチでの盗難の心配はありません。ガイドさんの話を聞けばコタキナバルの魅力がもっと分かりますよ!

コタキナバルのビーチへ行くツアーはあとで↓↓↓(おすすめビーチツアー4選)詳しく説明します。


ビーチで何をする?

ビーチで体を焼く

サピ島のビーチで体を焼く欧米人...なんかかっこいい!

欧米人がビーチで過ごす定番は「日焼け」ですね。ただコタキナバルの空気は澄んでいるので、あっという間に体が真っ赤になってしまいます。ビーチには木陰もたくさんありますので、注意しながら焼いてください。


ビーチではしゃぐ

友達みんなで行ったらビーチバレーなんて楽しいですよね。子供だったらビーチで追いかけっこもやりたくなるほど、開放的できれいなビーチです。


海で泳ぐ

あらかじめスタッフによってブイが海に浮かべてあり、遠浅の海なので安心して泳げます。クラゲがたまに出没するので注意が必要!刺されたらかなり痛いですが、ビーチにいる監視員にすぐ手当をしてもらいましょう。


シュノーケリングをする

コタキナバル発オプショナルツアーに参加するとセットになっていますが、シュノーケリングは手軽で簡単!とても楽しいです。小さな熱帯魚や美しい珊瑚礁が見られます。ジャケットも着れば、泳ぎが苦手な人でも大丈夫です。


マリンスポーツがしたい!

コタキナバル周辺でもスキューバダイビングが楽しめます★

マリンスポーツの代名詞と言えば、スキューバダイビング、サーフィン、ヨットなどです。

コタキナバル周辺でのスキューバダイビングは、初心者向きのコースが用意してあります。

本格的なスキューバダイビングをしたい人は東海岸にあるセンポルナ周辺の島々がおすすめです。特にシパダン島は世界屈指のダイビングスポットとして知られています。シパダン島のビーチもとても美しいです。


アクティビティがしたい!

やっぱりバナナボートには絶対乗るべし!

南国の海でアクティビティ…と言えばやっぱり「バナナボート」ですね。超高速でボートに引っ張られている時の気分は最高!

また一生の思い出になる「パラセーリング」もおすすめ。コタキナバルの町が一望でき、まるで鳥になったような気分が味わえます★他には、ジェットスキー、コングボート、フライフィッシュ、カヤック、コーラルフライヤーなども楽しめます。


ビーチでのんびりビールを飲む

ビーチの木陰で波の音を聞きながら飲むビール...格別!

これが僕の一番好きなビーチの過ごし方!

木陰で涼しい風に吹かれながら、キンキンに冷えたビールをぐいっとやる!至福のひととき★目の前に水着の美女がいたりなんかしたらも~大変!でもマイアミビーチみたいに金髪美女はお目にかかれませんが...


おすすめビーチツアー4選

1.サピ島|観光客に1番人気

海のアクティビティが充実していて、気軽に行ける島です。

ツアーの詳細

2.マンタナーニ島|海の透明度がとても高い

コタキナバルから遠いのがデメリット。でも海の透明度は最も高く、ダイビングするのがオススメの島です。

ツアーの詳細

3.マヌカン島とマムティック島|のんびり過ごしたい

2つの島を回るツアーで、ビーチでのんびり過ごしたい人向けツアーです。

ツアーの詳細

4.ガヤ島|5つ星リゾートホテルで過ごす

海の透明度の高いプライベートビーチで過ごし、高級ホテルのランチもおいしいです。

ツアーの詳細

ビーチリゾートホテルは8つあります

どのリゾートもビーチが目の前

コタキナバル周辺にビーチリゾートは8つあり、どのリゾートも目の前にビーチが広がっています。

予約サイトで宿泊費をチェック
  1. シャングリラ タンジュンアル リゾート&スパ|Expeda / agoda
  2. シャングリラ ラサリア リゾート&スパ|Expeda / agoda
  3. ザ マジェラン ステラ|Expeda / agoda
  4. ネクサスリゾート&スパ カランブナイ|Expeda / agoda
  5. ガヤアイランド リゾート|Expeda / agoda
  6. ガヤナ マリン リゾート|Expeda / agoda
  7. ブンガラヤ アイランド リゾート&スパ|Expeda / agoda
  8. ステラサンクチュアリ ロッジズ@マヌカンアイランド|Expeda / agoda

8つのビーチリゾートから選ぶのは大変だと思うので、僕のおすすめ3つを詳しく説明します。


おすすめビーチリゾートホテル3選


シャングリラ ラサリア リゾート&スパ【子連れ家族向け】

ビーチリゾートホテルのシャングリラ ラサリア リゾート&スパ

観光客に人気NO.1のビーチリゾートです。

唯一のデメリットは、コタキナバル空港から遠い(タクシーで1時間ほど)ことです。そこで滞在型ビーチリゾートとして利用するのが最適で、リゾート内には6軒のレストランとバーが2軒あります。

子供向けのアクティビティが豊富なのがすごくて、子連れファミリー層が数日滞在するのにおすすめです。どうしてもコタキナバルの町へ出たい場合も、無料のシャトルバスサービスが利用できます。


シャングリラ ラサリア リゾート&スパの基本情報

泊まってみた感想

ホテルスタッフ(かわいい女性スタッフいっぱい)が親しみやすく、広々したビーチで早朝散歩したのが気持ちよかったですね。夕焼けは絶景でした★




ザ マジェラン ステラ【若いカップル向け】

ビーチリゾートホテルのザ マジェラン ステラ

3つのビーチリゾートの中で最も立地条件が良く、コタキナバル空港も町にも近いです。

デメリットは海の透明度があまり高くない(町に近い)ので、国立海洋公園(サピ島など)へ渡ったほうが楽しめます。リゾート内にあるツアーデスクで申し込めます。

コタキナバルの町は近く(車で10分)で、食事探しには困りません。ただマゼランステラ内には素晴らしいレストランがそろっていて、特にFerdinand's(フェルディナンド)のイタリア料理は絶品です!隣接するパシフィックステラと合わせれば、レストランは10軒以上、バーは4軒あります。

活動的に過ごしたいカップルにおすすめのリゾートで、町歩きやオプショナルツアーに参加して楽しみましょう。


ザ マジェラン ステラの基本情報

泊まってみた感想

おすすめ3つのリゾートで比較すると、部屋の古さが気になりました。レストランは本当においしく、Ferdinand's(フェルディナンド)のパスタとAl Fresco(アル フレスコ)の釜焼きピザは絶品で何度でも食べたいです。サンセットは絶景でした★




ガヤアイランド リゾート【シニア向け】

ビーチリゾートホテルのガヤアイランド リゾート

3つのビーチリゾートの中で最もプライベート感があり、海の透明度も最も高いです。

デメリットはリゾートのあるガヤ島へボートで渡ることです。ただリゾートに到着してしまえば、プライベートビーチと静かな環境でぜいたくに過ごせます。リゾート内には5軒のレストランとバーが1軒あり、日本食レストランもあります。

のんびり過ごしたいシニア層におすすめのリゾートで、世間から隔絶した場所でぜいたくな時間を楽しみましょう。


ガヤアイランド リゾートの基本情報

泊まってみた感想

2012年オープンの新しいビーチリゾートなので、客室内が清潔なのが良かったですね。プライベートビーチ感が味わえ、ぜいたくな経験ができました。


まとめ:コタキナバルのビーチはきれいです

記事のポイントをまとめます。

こんな感じです。

コタキナバルにはたくさんビーチがありますが、海の透明度が高い場所は「離島と町から離れたリゾート」です。

上の記事を読めば、コタキナバルのビーチ選びで失敗しなくなり、思いっきり南国マレーシアの海を堪能できます。また、お金も時間もムダになりません。

若い人たちはアクティブにビーチを楽しみ、シニア層はビーチリゾートでゆったり過ごすのが正解です!



最後に、このページで紹介した使えるサイトを貼っておきます。見ておいて損はないかなと思っています。

使えるサイト

それでは良い旅を!

以上、【コタキナバル】おすすめビーチと行き方は?🤔【透明度抜群の素晴らしい海ありますよ!】…という話題でした。

更新:2019年08月19日|公開:2014年04月14日



RELATED


コタキナバル基本情報

コタキナバルボルネオ島サバ州観光地&海のレジャー旅行の準備&基本情報


ブログカテゴリー

ブログ見所・観光地旅行・ツアー・ホテル食グルメ・レストラン買い物・お土産生活・ライフスタイル映像・動画日本ニュース今日の一枚・写真