マラジャボルネオ
From Malaysia.

ホーム > 旅行の準備 > トラブル

マレーシアで起こりえる犯罪やトラブルの種類

東南アジアでは比較的治安が良いマレーシアですが、都市部を中心に犯罪やトラブルは多いです。旅行の参考にどうぞ!

基本情報


無くしもの編

  • お金をなくしたら…

    お金をすべてなくしてしまったら、あきらめて日本へ帰るしかありません。日本国大使館や日本人が集まりそうな場所へ行って助けを求めるのも手です。

  • クレジットカードをなくしたら…

    クレジットカードをなくしてしまっても慌てることはありません。すぐにカード会社に連絡して、クレジットカードを無効にしてもらいましょう。

  • パスポートをなくしたら...

    パスポートをなくしたら現地の警察署へ行き「紛失・盗難証明書」を発行してもらいます。その後日本国大使館へ行きパスポートの再発行の手続きをします。

  • チケット(航空券)をなくしたら…

    最近の航空券はインターネット予約が主流なので、チェックインカウンターでパスポートを提示すれチェックインできます。ただeチケットを持っておいた方が安心です。

  • 荷物をなくしたら…

    海外旅行中に荷物を無くしてしまったらあきらめるしかありません。一応警察に届け出て、海外旅行損害保険の「携行品損害」に加入していれば通常10万円まで保証されます。

  • 携帯電話をなくしたら…

    携帯電話を無くしてしまったら、すぐに電話会社に連絡し利用停止の手続きをしてもらいましょう。短期間の旅行でしたら、持っていかない方がいいかもしれません。


犯罪編

  • スリには気をつけましょう!

    外国人旅行者はスリにとって格好の餌食で、毎日誰かしらが被害にあっています。気持ちを緩めずに「自分の身は自分で守る」としっかり周囲に目を配りましょう。

  • 置き引きは自分の不注意から!

    置き引きはちょっとした不注意から起こるものです。レストランやホテルが多いですが、荷物を自分の体から離さないようにすることが大切です!

  • ひったくりはバイクで襲ってくる!

    バイクを使ってのバックのひったくりは、日本に限らずどこの国でも起こる犯罪のひとつです。車道の近くを歩くときはバックの位置と警戒を怠らないことです。

  • ホテルでの窃盗、盗難

    ホテルで気をつけることは、パスポートと貴重品の盗難です。部屋にセーフティボックス(金庫)があれば利用し、貴重品を放っておかないようにしましょう。

  • カード賭博による詐欺(いかさま詐欺)は怖い!

    犯罪者は言葉巧みに自宅に連れ込み、賭博で大負けし金品を奪い取られるものです。「自分だけは大丈夫」と信じきった日本の若者がよく引っかかります。

  • 振り込め詐欺(メル友詐欺)とは?

    日本でも多い電話を使った詐欺で、日本人(主に女性)が振り込め詐欺にあい、代金を振り込んでしまうというものがあります。

  • 419詐欺(アフリカ系の人々が世界に広めたサギ)

    王族関係者又は政府関係者等を名乗る人物からもちかけられる詐欺で、アフリカ系の人々が世界に広めたとされています。安易なもうけ話には気をつけましょう。


トラブル編


現在位置:ホーム > 旅行の準備 > トラブル


ブログの新着記事



ページ上部へ戻る